top of page

ブログ

検索
  • 新人ピアサポーター

松本俊彦先生に学ぶ『自傷・自殺』

更新日:2021年2月25日

みなさんこんばんは!



昨日、一昨日と英文法のお話しで少し退屈さを感じた方も多いかもしれませんね。



英文法からの人生を良い方向へもっていくための手法を書いて見ました。



是非、【後編】の最後だけでも読んでいただけますとちょっとだけいいことが書いてあるかもしれませんよ。





今回のお話しは一転変わってメンタル主体のテーマです。



それも最も重たい話題の一つ、



自傷・自殺



に関してです。



この話題に関して私は専門家ではありませんので、今回は私が尊敬している『松本俊彦先生』の書籍を参照して書いていきたいと思います。

【松本俊彦先生】

国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長および薬物依存症治療センター センター長 著書に『自傷行為の理解と援助』『もしも死にたいと言われたら』など著書多数




2019年9月、認定NPO法人地域精神保健福祉機構COMHBOが主催する『全国リカバリーフォーラム2019』で松本先生の講演を聞き感銘を受け初めて先生の存在を知りました。以来依存症や自傷、自殺に関しては先生の書籍を中心に勉強させていただいております。






今回は先生の書籍を参考に、『今、あなたにできることから始めよう』



を皆さんにお伝えしようと思います。



あなた


あなた=自傷を繰り返しているあなた

あなた=死にたい気持ちでいっぱいのあなた

あなた=家族のあなた

あなた=友達から相談されているあなた

あなた=たまたま友達の傷に気づいてしまったあなた




自傷を繰り返しているあなたへ

自傷が自分の気持ちをコントロールする手段となっている場合、「自傷をやめよう」と思うだけではなかなかやめられません。自分を傷つけずにはいられなくなるような気もちとのつきあい方を練習していきましょう。




死にたい気持ちでいっぱいのあなた

自傷の効果は一時的なもの。繰り返すうちに自分を傷つけてもなお、心の苦痛が消えなくなることもあります。今、あなたに必要なのは、誰かに自分の気持ちを伝えてみること。「誰にも頼れない」とあきらめないでください。




家族のあなた

ごく近い関係にあるあなたの適切な対応は、本人の大きな支えになります。でも、ごく近い関係だからこそ、なかなかうまくいかないということも。あなた自身にも支えが必要です。




友達から相談されているあなた

「ときどきリストカットしている」「死にたい」などと心の内を明かされたあなたは「信用できる」と見込まれた人。だからといって気負い過ぎないでください。自分が出来る範囲でのみ関りを持つことが大切です。




たまたま友達の傷に気づいてしまったあなた

「心配だけど聞いたら悪いかな?」などと遠慮せず、「元気?」「疲れているみたいだけど大丈夫?」などと声をかけてみてください。直接傷のことにはふれなくても「あなたのことを気にかけている」というメッセージが伝わればよいのです。





ということで、今回は「自傷・自殺」に関わる本人から周囲の方ができることをざっくりと書かせていただきました。




現実は必ずしも理想通りにいくとは限りませんが、理想を知っているだけでも少なくともいい方向には向かうかもしれません。




今後の記事ではこれらのケースをもう少し具体的に深堀りしていこうと思います。




それではまた次の記事でお会いしましょう。






参考書籍:自傷・自殺のことがわかる本 監修:松本俊彦

画像参照:m3.com

閲覧数:86回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

bottom of page