凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • S

爬虫類ショップでの実習

凸ゼミ福島ではさまざまな側面から発達障害者の就活をサポートしています。

理解ある企業様のご協力のもと行われる職業実習もその一つです。


今回は利用者である私・Sが爬虫類ショップでの実習をレポートします。



発達障害の就労においては本人の特性を活かした職種に就くことが重要事項の一つでもあります。

私・Sは動物好き、特に爬虫類は自宅で亀を飼育していることもあり爬虫類に触れるのは慣れています。



▼レオパードゲッコー(通称レオパ)と触れ合うS。蛇も触れます。



「好き」だけでは仕事は続かないといいますが実習先の方にも恵まれ休みなく継続できています。

今後は実習で社会性を身に着けつつ自分の得意なことを伸ばしていけたらと考えています。

蛇を触れるのも才能の一つなので……。


最近は開始時間より早く出勤して亀やアロワナに餌付けするのが実習先での楽しみになっております。


【追記】

代表の遠藤は蛇が苦手なので、本人の前で蛇を触る、画像を見せるなどのスネハラ(スネーク・ハラスメント)は禁止されています。






60回の閲覧

最新記事

すべて表示

やりたい仕事と出来る仕事について

皆さん今日は! 新型コロナウイルス禍にあって、雇用や雇止めで仕事を失った人は厚生労働省の発表では、7月8日時点で見込みを含めて、11万13人になったとの事。業種別では製造業が2万人を超えて最も多く、小売り業、飲食業、宿泊業がそれぞれ1万人超となった。この様な中にあって、障害のある方の仕事は増々厳しい滋養協であるが、仕事を選ぶ上で、障害のある方が「やりたい仕事」と「出来る仕事」の区別を明確にして貰う