top of page

ブログ

検索

爬虫類ショップでの実習

凸ゼミ福島ではさまざまな側面から発達障害者の就活をサポートしています。

理解ある企業様のご協力のもと行われる職業実習もその一つです。


今回は利用者である私・Sが爬虫類ショップでの実習をレポートします。



発達障害の就労においては本人の特性を活かした職種に就くことが重要事項の一つでもあります。

私・Sは動物好き、特に爬虫類は自宅で亀を飼育していることもあり爬虫類に触れるのは慣れています。



▼レオパードゲッコー(通称レオパ)と触れ合うS。蛇も触れます。



「好き」だけでは仕事は続かないといいますが実習先の方にも恵まれ休みなく継続できています。

今後は実習で社会性を身に着けつつ自分の得意なことを伸ばしていけたらと考えています。

蛇を触れるのも才能の一つなので……。


最近は開始時間より早く出勤して亀やアロワナに餌付けするのが実習先での楽しみになっております。


【追記】

代表の遠藤は蛇が苦手なので、本人の前で蛇を触る、画像を見せるなどのスネハラ(スネーク・ハラスメント)は禁止されています。






閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示

脳について_5/5:ポジティブ脳の創り方2

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか?と考えましたので、まとめてみました。 第5弾、最終講です。 ポジティブな言葉や行動を繰り返すことで、落ち込んだ感情を持っている人にも非常に効果的な影響を与えることができるかもしれません。 このアプローチは、 ポジティブ心理学や 認知行動療法(CBT)などの心理療法に通じるとも考えられます。 ◆ポジティブな言葉と行動の効果 1

脳について_4/5:ポジティブ脳の創り方

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか? と考え、まとめてみました。 第4弾です。 ◆結論 ポジティブな言葉を繰り返し脳に入れる。他人の言葉でも、自分の言葉でもヨシ! ポジティブな言葉を繰り返し脳に入れ、ポジティブな意思決定や行動を繰り返すことで、偏桃体がポジティブな感情反応を引き起こしやすくなるということは十分に考えられます。 これには以下のようなメカニズムが関

脳について_3/5:脳機能から考える習慣づけ

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか? と考えたので、まとめました。 第3弾目です。 習慣づけに関して、 他者からの言葉がどのように習慣に影響を与えるか? それに大きく関連する大脳基底核とは何か? について説明します。 ◆大脳基底核の役割 大脳基底核(だいのうきていかく)は、運動の制御や認知機能、感情の処理、そして習慣の形成に関与する脳の深部に位置する一連の構造

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page