top of page

ブログ

検索
  • r-sato8

実は意外とつながってる。

お久しぶりですね。

急に寒くなった12月後半、皆様どうお過ごしでしょうか。

今日はなんとなく書きたい事が浮かんだので、忘れないうちに書いておこうと思います。


以前私の記憶が合っていれば、私の描いた絵をご紹介させて頂いたと思います。

その中に油彩(油絵)の作品があったのですが、今回はそれに関連したお話をさせて頂ければと思います。





油絵に使う油絵具、もしかしたら学校などで描かれた事のある方はお分かりかもしれませんが、色によって乾燥する時間が違います。

白や明るめの色は長くて1週間、黒や焦げ茶などの暗めの色は2〜3日ほどで乾きます。

なぜ乾く時間に差があるのかを説明しようとすると少し難しくなるので、そんなものなんだな〜くらいで考えていて下さい。


あれ?でも乾くのが遅いとその部分だけ描き進められませんね…

そういう時にはどうすれば良いのでしょう。



方法は簡単、速乾メディウムと呼ばれるものを絵の具と1 : 1で混ぜればいいのです。

(おそらく別の方法もあるのですが、私が描いていた時は上記のようにしていました。)


メディウムを混ぜた絵の具は1日で乾くようになり、絵の完成を早められるのです。




さて、では絵を自分に置き換え、絵の具を病気、メディウムを薬としてみてみます。

病気にはそれぞれ症状があり、酷くなる時期などもバラバラです。

1つが良くなったと思ったら別のところが悪くなったり…。

でも、そこに症状にあった量の薬を飲むとどうなるでしょう。

メディウムのように次の日に乾く(=良くなる)わけではありませんが、少しずつ絵は完成の方向に向かいますよね。


つまり何が言いたいかというと、服薬って病気を治す上でとても重要だなという事です。

薬をきちんと飲み続けることで、症状が安定してできることも増えるのではないでしょうか。

(もちろん服薬以外にも重要なことはたくさんあるので、少し偏った考え方に聞こえたら申し訳ないです。)


寒いこの季節、身体にお気をつけてよいお年をお迎えください!

ではまた次のブログでお会いしましょう~。

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

bottom of page