凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • 新人ピアサポーター

原美子先生のご講演を拝聴して

最終更新: 3月9日


令和2年10月23日(金)に元特別支援学校校長の原美子先生のご講演を拝聴しました。




障がい者が仕事をする上でのモチベーションの保ち方や、職場の選び方、職場での働きやすさの作り方など、色々興味深いお話を伺ったのですが、


私個人的には『家族の大切さ』に関するお話しが一番心に響きましたね。




(原先生近影:とても明るく元気な先生でした!)


家庭が安心できる場所であることが何よりも大事だということですね。


・特に子育てにおいて、子供に何か役割を持たせて家族の一員としての存在感を持たせる

・意欲を持ったものには積極的にチャレンジさせてみる

・家族から愛されているという実感をもたせる




そういうことの積み重ねが、障がいを認知し意欲的に働く土台になるそうです。

まずは安定した家庭の存在こそが子供にとってとても大切ということですね。


ちなみに、私自身も学生時代は家族が安心できる場所ではなかったため、学校が終わった後は出来るだけ遅く家に帰るようにしていました。不良の溜まり場に遅くまで入り浸ったたりもしました。早く家を出たいがために勉強をがんばって大学受験を機に家を出ました。




障がいがあったとしても、その障がいが目立たず、かつ自分の強みが活きる居場所を諦めずにみつける努力が大切ですね。


15回の閲覧

最新記事

すべて表示

コロナ禍でテレワーク実施に地域差

皆さん今日は!今世の中は新型コロナウイルス禍で、テレワーク人口が急激に増加しているようです。テレワークをしている人の割合は都道府県で差があり、トップは東京の45、8% とのことです。全国平均では24、7%で、最も低いのは和歌山県の3、5%で、規模が大きい企業ほど実施しており、以前見た新聞記事によりますと中小企業と最大3、4倍の開きがあったとの事。尚、パーソル総合研究所の調査データによりますと、福島

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
こちらのアイコンをクリックして下さい
Twitter: 凸ゼミ福島公式アカウント。講演や座談会、各種イベントの告知をしています。
YouTube: 利用者さんが中心となり企画から撮影・編集を行いアップしています。
Facebook: イベント等の告知をしています。
Instagram: イベントの告知や事業所内の風景をアップしています。
TEL 024-572-6310

©2019 by 凸. Proudly created with Wix.com