凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • 新人ピアサポーター

原美子先生のご講演を拝聴して

最終更新: 3月9日


令和2年10月23日(金)に元特別支援学校校長の原美子先生のご講演を拝聴しました。




障がい者が仕事をする上でのモチベーションの保ち方や、職場の選び方、職場での働きやすさの作り方など、色々興味深いお話を伺ったのですが、


私個人的には『家族の大切さ』に関するお話しが一番心に響きましたね。




(原先生近影:とても明るく元気な先生でした!)


家庭が安心できる場所であることが何よりも大事だということですね。


・特に子育てにおいて、子供に何か役割を持たせて家族の一員としての存在感を持たせる

・意欲を持ったものには積極的にチャレンジさせてみる

・家族から愛されているという実感をもたせる




そういうことの積み重ねが、障がいを認知し意欲的に働く土台になるそうです。

まずは安定した家庭の存在こそが子供にとってとても大切ということですね。


ちなみに、私自身も学生時代は家族が安心できる場所ではなかったため、学校が終わった後は出来るだけ遅く家に帰るようにしていました。不良の溜まり場に遅くまで入り浸ったたりもしました。早く家を出たいがために勉強をがんばって大学受験を機に家を出ました。




障がいがあったとしても、その障がいが目立たず、かつ自分の強みが活きる居場所を諦めずにみつける努力が大切ですね。


18回の閲覧

最新記事

すべて表示

風景と景色

皆さん今日は! 以前「差別」と「区別」や「熱さ」と「暑さ」等についてここでお話させて頂きましたが、皆さん覚えていらっしゃいますか? 今日又このてのシリーズで、「風景」と「景色」についてお話しできればと思っております。この二つの違いや使い方について私の能力だけでは不十分なので少し調べさせて貰いました。「風景」の意味は、人間が鑑賞の対象にすることが出来るもの全てを含む概念との事。一方、「景色」とは、人

やりたい仕事と出来る仕事について

皆さん今日は! 新型コロナウイルス禍にあって、雇用や雇止めで仕事を失った人は厚生労働省の発表では、7月8日時点で見込みを含めて、11万13人になったとの事。業種別では製造業が2万人を超えて最も多く、小売り業、飲食業、宿泊業がそれぞれ1万人超となった。この様な中にあって、障害のある方の仕事は増々厳しい滋養協であるが、仕事を選ぶ上で、障害のある方が「やりたい仕事」と「出来る仕事」の区別を明確にして貰う