検索
  • 新人ピアサポーター

原美子先生のご講演を拝聴して


先週10月23日(金)に元特別支援学校校長の原美子先生のご講演を拝聴しました。


障がい者が仕事をする上でのモチベーションの保ち方や、職場の選び方、職場での働きやすさの作り方など、色々興味深いお話を伺ったのですが、 私個人的には『家族の大切さ』に関するお話しが一番心に響きましたね。 家庭が安心できる場所であることが何よりも大事だということですね。 ・特に子育てにおいて、子供に何か役割を持たせて、家族の一員としての存在感を持たせる

・意欲を持ったものには積極的にチャレンジさせてみる

・家族から愛されているという実感をもたせる


そういうことの積み重ねが、障がいを認知し意欲的に働く土台になるそうです。

まずは安定した家庭の存在こそが子供にとってとても大切ということですね。 ちなみに、私自身も学生時代は家族が安心できる場所ではなかったため、学校が終わった後は出来るだけ遅く家に帰るようにしていました。不良の溜まり場に遅くまで入り浸ったたりもしました。早く家を出たいがために勉強をがんばって大学受験を機に家を出ました。


障がいがあったとしても、その障がいが目立たず、かつ自分の強みが活きる居場所を諦めずにみつける努力が大切ですね。

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

「平等」と「公平」

皆さん今日は! 自助・共助・公助については、就任当初菅総理から良く言っておられますので意味はご存じかと思います。でも、平等・公平・公正の言葉の意味はご存じでしょうか?私は今まで余り深く考えていませんでした。今思えば、どこか混同していたところがあったような気がしています。良く考えてみれば、そもそも一人ひとり全て違う人間です。「平等」ではなく「公平・公正」であるべきと、例えば、背の高い人、普通の人、小