top of page

ブログ

検索
  • 遠藤 一歩

信頼関係の重要性【遠藤一歩】

第54回スーパーボウルは、

カンザスシティ・チーフスが優勝!


私の尊敬する偉大なる指導者

アンディリードが初制覇!


終盤に21点を得点する大逆転劇!

素晴らしい試合でした。


一見、

面白い試合でしたが、

見返してみると、

負けチームには、

チームのエースに対する

『信頼関係の無さ』

に敗因があると理解できます。


『神は細部に宿る』

とはこのこと。


何億もの年棒を貰う

スーパーアスリートでも

自己肯定感の高低で

こんなにも差が出るのか!


自己肯定感の低さから

わずかな判断ミスや

わずかな集中力の無さ

を呼び、それらが

勝敗の分かれ目になる!


学ばせていただきました。


特徴的なプレーを5つ、備忘録として記録。


1はKCの特徴的なプレー

2はSFの敗因と言えるプレー


◆まとめ◆

1. 第1Q 残0:31 ,KC攻撃, QBマホームズの落ち着き

2.第2Q 残0:06 ,SF攻撃, QBガロポロがチームから信頼されていない現れ

3.第4Q 残5:19 ,SF攻撃, QBガロポロの集中力不足~その1~

4.第1Q 残1:40 ,SF攻撃, QBガロポロの集中力不足~その2~

5.第1Q 残1:33 ,SF攻撃, QBガロポロの集中力不足~その3~


◆詳細①◆

第1Q 残0:31 ,KC攻撃, QBマホームズの落ち着き

ball on 1y

左ハッシュからのオープン QBとRBのオプションプレー 対象はLB

マホームズは、フェイントを2回後、自分で持ち込む。

LBはフリーズせざるを得ない 

→マホームズの『人を喰ったような』落ち着いたプレイ

オプションの展開に持ち込んだ瞬間に

どちらにも展開できるぜっ!との自信がプレーにみなぎっていた

メンタルの充実が見て取れた


◆詳細②◆

第2Q 残0:06 ,SF攻撃, QBガロポロがチームから信頼されていない現れ

ball on 65y 1st&20y

ガロボロの二―ダウンで前半終了:サイドラインからの指示なのは明白

本来は、2プレイ可能であった


本来:サイドライン際のパス

→成功:FG

→失敗:再度パスプレイ


→何故?

コーチが、パス→インターセプトを恐れたためと推察

コーチがガロボロを信頼していないと仮定できる



◆詳細③◆

3.第4Q 残5:19 ,SF攻撃, QBガロポロの集中力不足~その1~

ball on 75y

ディープはカバー3?前列は4人がスプレッドでセット、パスラッシュ

ステイしていたMLBがレイトブリッツ

ブリッツにビビったガロボロが焦ってすぐにボールを投げ捨てる。

→平常心を欠いたプレー

→チームメイトは落胆するのでは?



◆詳細◆

4.第1Q 残1:40 ,SF攻撃, QBガロポロの集中力不足~その2~

ball on 49y 3rd&10

ガロポロがゴールライン近くへ遠投

オーバースローで届かず

→パスコースはストレート

 集中力を欠いたコントロールミス



◆詳細◆

5.第1Q 残1:33 ,SF攻撃, QBガロポロの集中力不足~その3~

ball on 49y 4th&10

パスラッシュに捕まりながら、両手投げパス

3y程離れたレシーバーにまったく届かず

→プロとは思えぬひどいコントロール


◆メモ◆

全米が注視する

極限の環境下だからこそみられる

尊厳の戦い

折りをみて見直すべし!



↓リンク↓ NFL公式ハイライト

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

bottom of page