検索
  • 原田正彦

テレワークと障害者雇用の親和性

コミュニケーションの難しさと定着率の低さが精神障害者雇用が今一つ進まない理由であると言われている。

この問題点を解決できる可能性を持つとして注目されているのがテレワーク雇用。

企業も障害者も人間関係によるストレスから解放され、また、就労場所の少ない地方の障害者にも雇用チャンスは広がる。


テレワークの注目に伴い、テレワークや在宅勤務などの場所に縛られない方が利用できる共同作業スペース『コワーキングスペース』が増殖中、福島市にもできている。

コロナ感染症によって障害者の働き方改革に拍車がかかる。


0回の閲覧