凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • 新人ピアサポーター

Xmasの失敗

皆様いかがお過ごしでしょうか? 私は少しメンタル下り坂の毎日を過ごしております。


本来であれば『災難シリーズの続き』を書くべきなのでしょうが、

さすがにクリスマスイヴに災難の話も・・・と思い、がんばってクリスマスの思い出を思い出してみました。


・・・・


特にいい思い出は見当たらない。。


いや、ある!

ひとつ思い出したくない思い出がある!!



と、言うことで!!


今回は、

思い出したくなかった!!もう時効!!クリスマスの失敗

をお話ししましょう!!



さて、ときはおよそ20年前、2000年の初めの頃でした。

大学に入って恐らく一年目の冬。

同じ大学の先輩で、人材派遣業の会社を立ち上げた方がおりました。

その方から連絡が入り、


『12月のクリスマス25日までの短期のバイトなんだけど、都内某百貨店のクリスマスグッズの特設コーナーの販売員やってくんない?』


との申し出。


先輩との付き合いもあり、時給も高く、百貨店の仕事も体験できるということもあって、二つ返事でOKしました。


バイトは順調にこなし、百貨店のバックヤードを見ることが出来たり、百貨店のスタッフと話ができたりと楽しくバリバリ働いていたんです。


それが軽躁状態だとも知らずに


クリスマスも近づき更に忙しくなってきたその時、



はい、朝起き上がれなくなりました。



当時、私にはあまり自分が病気であるという意識が薄く、落ち込みが無くなったら病院に行かなくなるという典型的な意識の低い無知な人間でした。 なので、バイト序盤の軽躁状態も、急に朝起き上がれなくなってしまったことも、おそらくは自分の体質せいだと思っていました。 もちろん先輩には連絡を入れることもなく、バックレ・・・・ その半年前にもカラオケボックスのバイトが急に行けなくなって辞めて(この時は何とか連絡は入れた)


何で自分はこうなんだ・・・・・と責めまくりました



このクリスマスの失敗を機に、私は自分の病気について真剣に向き合い始め、本を読み、そして自分の病気は「双極性障害Ⅱ型」なのでは!?と考えるようになり、医師に伝え、双極性障害の治療に切り替わり、人生が好転していくのでした。


クリスマスの苦い思い出が、


今後の人生の転機となりました、

というお話しでした。



最後まで読んでくださったみなさんありがとうございました!!


MerryXmas!!!

24回の閲覧

最新記事

すべて表示

やりたい仕事と出来る仕事について

皆さん今日は! 新型コロナウイルス禍にあって、雇用や雇止めで仕事を失った人は厚生労働省の発表では、7月8日時点で見込みを含めて、11万13人になったとの事。業種別では製造業が2万人を超えて最も多く、小売り業、飲食業、宿泊業がそれぞれ1万人超となった。この様な中にあって、障害のある方の仕事は増々厳しい滋養協であるが、仕事を選ぶ上で、障害のある方が「やりたい仕事」と「出来る仕事」の区別を明確にして貰う