凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • 新人ピアサポーター

WRAP ∼元気回復行動プラン∼

最終更新: 3月19日


画像参照:https://peer-clinic.com/wrap.html




本日は福島市内の精神科クリニックデイケアで『WRAP』の見学をさせていただきました。



WRAPとは


W-Wellness=元気

R-Recovery=回復

A-Action=行動

P-Plan=計画


の頭文字をとったもので「元気回復行動プラン」とも呼ばれます。




具体的に言うと、毎日を元気で豊かに生きるために、そして調子を崩す前兆サインへの気づきを高めすぐに対処できるようになるために、さらに実際に調子が悪くなってしまったときにできるだけ早期の回復を促すための行動計画書です。




つまり、自分自身の『トリセツ』のようなものですね。






精神障害者が社会に出て継続して仕事を続けていくために




WRAPは精神的な困難を抱えた人達が健康であり続ける為の知恵や工夫を蓄積して作られたセルフヘルプツール、自分で作る自分のためのリカバリープランです。




自身も精神障害を持つメアリー・エレン・コープランド氏を中心に精神障害を抱えながらも自らで障害をコントロールして幸せに人生を送っている人たちによって作られ、現在、世界中で活用されています。




私自身も以前からとても興味を持っていたプログラムだけにとても楽しみでもあります。




私たちの就労移行支援事業所でも来月からプログラムに取り入れる予定です。




精神障害を抱えながら社会に出て継続して仕事を続けていくためには、Excelやプログラミングのスキルを追求するよりもまず先に自分のメンタルをコントロールするスキルを身につけなければなりませんね!






参考:https://www.welbe.co.jp/job_guide/guide_10.html

29回の閲覧

最新記事

すべて表示

コロナ禍でテレワーク実施に地域差

皆さん今日は!今世の中は新型コロナウイルス禍で、テレワーク人口が急激に増加しているようです。テレワークをしている人の割合は都道府県で差があり、トップは東京の45、8% とのことです。全国平均では24、7%で、最も低いのは和歌山県の3、5%で、規模が大きい企業ほど実施しており、以前見た新聞記事によりますと中小企業と最大3、4倍の開きがあったとの事。尚、パーソル総合研究所の調査データによりますと、福島

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
こちらのアイコンをクリックして下さい
Twitter: 凸ゼミ福島公式アカウント。講演や座談会、各種イベントの告知をしています。
YouTube: 利用者さんが中心となり企画から撮影・編集を行いアップしています。
Facebook: イベント等の告知をしています。
Instagram: イベントの告知や事業所内の風景をアップしています。
TEL 024-572-6310

©2019 by 凸. Proudly created with Wix.com