top of page

ブログ

検索
  • ピアサポーター

SHORT TRIP TO “鬱”【中編】 (610Words)

更新日:2021年10月15日

9月29㈬ 朝、目が覚めたらそこは“鬱”だった




朝6:30、いつもの時間に目が覚めた。




ここまではいつも通り。




しかし今日は休日、すぐに起き上がる必要もなくふたたび眠りの世界へ。




昼くらいまで熟睡。




お腹が減っていることに気づき、何となくキッチンへ。




普段の休みの日といえば、冷凍牛丼を解凍して割としっかり食べるところ。




しかし、お腹は鳴っているのに何も食べる気が起きない。




腹が減っている感覚が薄い。




食べたいと思わない。




半分にカットされた菓子パンを見つけ、それをひとつ10秒で食べて再び布団へ吸い込まれるようにダイビング。




抗えない。





この時点で「自分が今うつ状態にあること」に気が付く




ここ数年は、例えどんなに肉体的に疲れていても昼まで寝続けるということはなかった。




昼まで寝てしまうときというのは、メンタル的が落ち込んでいる時だけ。




さらに、昼を通り越えて、夕方・夜まで寝てしまう場合はそこそこ重症。




9月29日、30日の天気は運悪く快晴、気温は30℃くらいまで上がっていた。




9月の末とは言え福島はまだまだ夏だ。




とにかく寝ていて暑い暑い、汗ダラダタで苦しい。




エアコンをつけると今度は寒い。




ダラダラ汗をかきながら眠っては目を覚まし、眠っては目を覚ましの繰り返し。




眠っている時間はある意味で楽だ。




何も考えなくて済むから。




辛いのは目が覚めているとき。




悲観的な考えの波が次から次へとめどなく押し寄せてくる。





鬱の波に飲み込まれてしまいそうだ・・・




つづく

TO BE CONTINUED


閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

脳について_5/5:ポジティブ脳の創り方2

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか?と考えましたので、まとめてみました。 第5弾、最終講です。 ポジティブな言葉や行動を繰り返すことで、落ち込んだ感情を持っている人にも非常に効果的な影響を与えることができるかもしれません。 このアプローチは、 ポジティブ心理学や 認知行動療法(CBT)などの心理療法に通じるとも考えられます。 ◆ポジティブな言葉と行動の効果 1

脳について_4/5:ポジティブ脳の創り方

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか? と考え、まとめてみました。 第4弾です。 ◆結論 ポジティブな言葉を繰り返し脳に入れる。他人の言葉でも、自分の言葉でもヨシ! ポジティブな言葉を繰り返し脳に入れ、ポジティブな意思決定や行動を繰り返すことで、偏桃体がポジティブな感情反応を引き起こしやすくなるということは十分に考えられます。 これには以下のようなメカニズムが関

脳について_3/5:脳機能から考える習慣づけ

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか? と考えたので、まとめました。 第3弾目です。 習慣づけに関して、 他者からの言葉がどのように習慣に影響を与えるか? それに大きく関連する大脳基底核とは何か? について説明します。 ◆大脳基底核の役割 大脳基底核(だいのうきていかく)は、運動の制御や認知機能、感情の処理、そして習慣の形成に関与する脳の深部に位置する一連の構造

留言

評等為 0(最高為 5 顆星)。
暫無評等

新增評等
bottom of page