凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • 遠藤 一歩

on-line支援開始

4/27㈪から、on-line支援を開始しました。

4/27週は、利用者さんの33%

5/4週は、 利用者さんの83%

5/11週で、 利用者さんの100%がオンラインに切り替わります。


本日は、オンライン支援の初日。


早速事件!


講師役スタッフが、

オンラインの利用者さんを放置して

オフラインのみで始礼を進める『事件』がありました。


何度も

hangouts meetで繋がる練習を行ってきたため、

準備万端の利用者さん。

サービス開始前に、きちんとオンラインでつながり

始礼開始を待っていた利用者さん。


ところが

スタッフが始礼をオフラインのみで進めるので、

利用者さんは驚いて

お電話をくださいました。


それでようやく気付いた我々…


申し訳ありません。


その後は、

講師役スタッフさんの腕?で

楽しく進行していきました。


午後は

別の講師が上司役となり、Amazon上の店舗運営。

オンライン上の上司役から

オフラインの利用者さんへ指示を出し、

作業を行う


予定でした



上司役のスタッフの自宅ネット回線が不調。

声が途切れ

回線が途切れ

サポート役のスタッフはアタフタ


隣で見ていた私も

当然、当事者の利用者さんたちも

全員が

イライラするほどの停滞ぶり


理想と現実

問題点と課題抽出


スタッフさんたちには

何度も何度も

言い聞かせているつもりの行程を

踏んで改善に臨んでほしい。


正しくふりかえり、

正しく修正できるか?


良い機会なので、

あまり口を出さず、正しい行程を見守りたいと思います。




15回の閲覧

最新記事

すべて表示

やりたい仕事と出来る仕事について

皆さん今日は! 新型コロナウイルス禍にあって、雇用や雇止めで仕事を失った人は厚生労働省の発表では、7月8日時点で見込みを含めて、11万13人になったとの事。業種別では製造業が2万人を超えて最も多く、小売り業、飲食業、宿泊業がそれぞれ1万人超となった。この様な中にあって、障害のある方の仕事は増々厳しい滋養協であるが、仕事を選ぶ上で、障害のある方が「やりたい仕事」と「出来る仕事」の区別を明確にして貰う