top of page

ブログ

検索
  • 遠藤 一歩

e-sports大会へ向けて

更新日:2023年5月19日

5/31㈬はe-sports大会をやります。


利用者さんとスタッフの交流が目的です。

対象者は、利用者さん・体験利用者さん・スタッフです。


遠藤の思い付きで始まった企画。


ゆる~い感じで。

ハプニング要素もあった方が盛り上がるよね。

限られた時間で、多くの方がゲームを通じて交流できるように。

などなど、色々な想いがあります。


本日5/17㈬は大会リハーサルをやってみました。


はじめての方もすぐに馴染めるのか?

を検証するためにスタッフの名越さん(79歳)に実験台になっていただきました。 なんと79年の人生で、はじめてのゲーム体験!

今まで経験がないほど指先を動かして、楽しかったとのコト。

若人と一緒になって

『あ~』とか、『ありゃ~』などと声を上げたのしんでいらっしゃる姿をみていると、

私まで楽しくなってきます。


自分が同じ歳になった時、同じ姿勢・マインドを持っていられるのか?

と考えると、尊敬の念が湧いてきます。


挑戦を恐れない姿を見せ続ける名越さんの存在が、

私にとって非常に有難い限りです。


ちなみに

奇数月最終水曜日10:30~12:00 マリオカート

偶数月最終水曜日10:30~12:00 スマッシュブラザーズ

でやっていきます。


さぁ、どうなることか!


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

bottom of page