top of page

ブログ

検索
  • m-nagoshi

ADHDの障害の有る方の適職とは?

皆さん今日は! 今日はADHDの特性のある方はどんな職業が適しているかということに関して考えて見たいと思います。ADHDとは、注意欠如多動性障害と云われていて、多動、衝動、不注意が挙げられます。従って、このような特性のある方の適職とは何だろうと考えて見た場合、「その人の能力や才能にふさわしい」職業という考え方になると思われる為、以前にこのブログの中で「やりたい仕事」と「できる仕事」についてお話させて貰いました。

皆さん覚えて下さっているでしょうか?仕事はストレスがかかる作業であり、「やりたい仕事」を選んだとしても、自身の能力や才能に合わなければ「働きたくても働けない」結果になってしまう。本来自身の人生を送るための「働く」ですから、その基本となる身体や心が壊れてしまうのは本末転倒です。よって、ADHDの特性に当てはめて考えると、「失敗が許されない」職場や「密な連携が必要」とか「急を要する事態がよくある」業種は避けた方がよいと考えます。心当たりの方は就職活動する前に熟慮下さい。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

bottom of page