top of page

ブログ

検索
  • m-nagoshi

水福連携

皆さん今日! 「農福連携」は昔から(1970年代)農作業がリハビリに効果があると言われており、数十年前から、プロジェクト研究として実施してきたと聞きます。現在「農福連携」として、成功事例や課題も多く見えてきていると聞きます。一方農福連携の水産版の取り組みと言われている「水福連携」もあることを以前新聞で知りました。これは漁業と福祉施設が連携し、商品を作る取り組みで、障害者の働く場を広げる目的として、農業と福祉の連携と同じように、漁業も少子高齢化や後継者不足の理由との事の様です。日本は特に少子高齢化が益々進行して行き、人出不足が深刻化している中にあって、障害者であっても、働ける方は積極的に就労の場を広げて頂くことを望みます。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

bottom of page