top of page

ブログ

検索
  • 新人ピアサポーター

ラポール

みなさんは『ラポール』という言葉を知っていますか?


ラポールとは心理学の専門用語で、


主として2人の人のにある相互信頼の関係。すなわち,「が通い合っている」「どんなことでも打明けられる」「言ったことが十分に理解される」と感じられる関係。カウンセリング心理テスト教育などの場面で重視される。』 コトバンクより


簡単に言えば「お互いに信頼している状態」とでも言えるのではないでしょうか。

私たち凸ゼミ福島のプログラムには『しゃべり場』というものがあります。

(※『しゃべり場』とはNHKで2000年∼2006年の間に放送されていた討論番組) 毎回一つのお題をもとに、メンバーがそれぞれ意見を出し合います。ただし、NHKのしゃべり場と違う点は「相手の主張は否定せず受け入れること、討論の場ではない」ことです。


みなさん思ったこと感じたことを自由に発表できます。


お題は「好きな映画とその理由」という比較的ライトな物から「家族問題について」などデリケートなものまで幅が広いです。 でもそういったデリケートな問題についても皆で話を重ねていくにつれて、メンバー間で『ラポール』が形成されていきます。新人さんも次第に打ち解けていきます。 家族、医師と患者、友人、同僚、色々な人間関係があると思いますが、その全てにおいて、ラポールを形成していくことは大事なことだと思います。


画像参照:https://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=1132043&word=%E6%8F%A1%E6%89%8B_%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9_%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%B3_%E8%B5%A4


カバー画像:https://girlschannel.net/topics/2495451/

閲覧数:92回0件のコメント

最新記事

すべて表示

脳について_5/5:ポジティブ脳の創り方2

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか?と考えましたので、まとめてみました。 第5弾、最終講です。 ポジティブな言葉や行動を繰り返すことで、落ち込んだ感情を持っている人にも非常に効果的な影響を与えることができるかもしれません。 このアプローチは、 ポジティブ心理学や 認知行動療法(CBT)などの心理療法に通じるとも考えられます。 ◆ポジティブな言葉と行動の効果 1

脳について_4/5:ポジティブ脳の創り方

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか? と考え、まとめてみました。 第4弾です。 ◆結論 ポジティブな言葉を繰り返し脳に入れる。他人の言葉でも、自分の言葉でもヨシ! ポジティブな言葉を繰り返し脳に入れ、ポジティブな意思決定や行動を繰り返すことで、偏桃体がポジティブな感情反応を引き起こしやすくなるということは十分に考えられます。 これには以下のようなメカニズムが関

脳について_3/5:脳機能から考える習慣づけ

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか? と考えたので、まとめました。 第3弾目です。 習慣づけに関して、 他者からの言葉がどのように習慣に影響を与えるか? それに大きく関連する大脳基底核とは何か? について説明します。 ◆大脳基底核の役割 大脳基底核(だいのうきていかく)は、運動の制御や認知機能、感情の処理、そして習慣の形成に関与する脳の深部に位置する一連の構造

Comentarios

Obtuvo 0 de 5 estrellas.
Aún no hay calificaciones

Agrega una calificación
bottom of page