top of page

ブログ

検索
  • 遠藤 一歩

22/12/5 Monday night football プレイ分析

22/12/5 Monday night football 

ニューオリンズ@タンパベイ


残り02:29からの逆転ドライブを見返しました。

トムブレイディ復活を印象付ける圧倒的な集中力。

ディフェンスを崩壊させた好例と考えます。


備忘録として、まとめてみました。


◆まとめ

細かいプレイ、短いパスをほぼミスなく繋いだ

サイドを集中させることで、ディフェンスをシンプルにさせた

ブリッツは12プレイ中2つだけ ほぼカバー2


◆気づき

前半:左サイドでのプレイ選択が多い

m/mでは、コーナーバック #27 とレシーバー #6 の1対1の構図での優位性

deepzone の切れ目を狙った

偏りをつくるコトで、ディフェンスの注意を左側に集中させた

一旦、中央のランプレイを入れ、10ヤード獲得。注意を拡散させることに成功

オフセンターのシンプルなブロックのほぼストレートのランプレイ


気持ちの切り替えの早さ:0:19で、ゴドウィンへのTDパスが、ホールディング反則でやり直し。パスが通り喜んでいたが、反則の笛がなった瞬間に、気持ちを一瞬で切替えた


後半:右サイドへ集中&ミスマッチ

一転して右サイドへ集中

レシーバー #14 とLB #56 のミスマッチしたところへパス

右サイドライン際へのパスを通し、ディフェンスを絞らせない

LBブリッツが入ったサイドの裏へRBを走らせる。LBのm/m状態をつくりパスでTD



トムブレイディのドライブ巧者ぶりにあらためて驚嘆しました。

良い勉強になりました。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page