top of page

ブログ

検索
  • 遠藤 一歩

2023年6月11日㈰_日本講演新聞_読者会in福島

2023/6/11㈰ 行ってきました。日本講演新聞_読者会in福島!

学びの多い時間でした!


日本講演新聞の読者さんが集まりました!

参加者さん同士で交流する時間があり、これがとても面白かった!


◆お会いした方々

・色々な講演会を開催している方

・子どもを一度も叱ったことがない方

・PTA会長業務が楽しくて仕方がない方

・素手で中学校のトイレ掃除ボランティアをしている方

・ストリートチルドレン支援をしたいと準備をしている方

・高齢者同士で業務を分担をしながら漬物を作っていたら、買いたい人がいて、販売していたら売れちゃって、気づいたら民間ディサービスみたいになっちゃって、四方八方から噂を聞きつけた経営者達が絶えまなく見学に訪れる会社を経営している方


みなさん自分語りが熱い、熱い。

涙無しでは聞いていられない。

『自分はなんと小さな世界に閉じこもっているのか!』

と、まざまざと知らされました。


人間とは?自分とは?

と自問していた最近


『自分は単なる素粒子の集まり』なのだろうなぁ

とボンヤリと考えておりました。


5/21の喜多川泰さんの講演会でも

6/11の日本講演新聞_読者会in福島でも

同様のお話が聴けました。


ので、

講演の内容もシェア


◆人生の目的

人生の目的は燃え尽きることにある

執行草舟さんより


◆素粒子について

人間→細胞→原子→元素→素粒子

素粒子=振動≒波動


素粒子の集まりが

『空気感』


漬物屋さんは、絶対に見学させてもらおう!

と決意しました。

せっかくのご縁、無駄にしないぞぁ!


閲覧数:151回2件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

bottom of page