top of page

ブログ

検索
  • 遠藤 一歩

2023年12月号_でこゼミ新聞_Vol.29

でこゼミ新聞12月号、第29号を迎えました。


 みなさんは、心身の不調に陥った時、実際に行う対策や準備はありますか?

 

 もしかすると、『我慢して、時間が過ぎるのを待つ』、なんて方もいらっしゃるかも知れません。

 

 そんな方には、WRAPがおススメです。

 

 心身の不調に早めに気づくため、身体が発するサインを見逃さないように、普段から自身の現状をを確認するのは、いかがでしょう?


 例えば、睡眠時間が十分なはずなのに、日中の眠気がすごい。イライラが止まらない、など。


 そして更に、そのサインに対しての対策を考えてみます。睡眠不足解消ために早めに寝る、イライラしたら、その場を離れる、等。


 異変に気付き、早めの対処をすることで、症状が軽減できることがあるかも知れません。


 体調が悪くなる前兆を知るリスト、その時に有効な、行動リストを作成するのもおススメ!


 ご自身について、少しずつ理解を深める。そんな行程もでこゼミでは大切にしています。



閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

bottom of page