top of page

ブログ

検索
  • m-nagoshi

障害者就労、雇用と福祉の併用に期待!

事業所障害をお持ちの方が日中活動の場として、就業継続支援B型事業所・就業継続支援A型事業所・就労移行継続支援事業所等の施設で将来一般就労を目指して活動されておられます。先月新聞報道で知ったことですが、障害者福祉サービスの就労移行継続支援事業所に通いながら一般企業でも働くことが出来る「併用」を促す方針を固めた。現在は、併用を阻むルールはないが、実際にはどちらか選ぶことになっている。今後は労働法制の適用される「雇用」の範囲を広げることで、「福祉」から移行しやすいようにするとの事。従って、今後関連する審議会で制度改正の議論を詰める。ただ併用を進める上でネックになるのは週20時間未満の短時間の雇用について、雇用する側のメリットが小さい。現在も20時間未満で就労されている障害者はいますが、その場合その企業等は法定雇用率としての実績に算定されない。これを算定できるように「雇用」の範囲を広げれば、雇用する側は雇いやすくなる。この様に成れば福祉事業所に通いつつ、一定の時間雇用されて働く「併用」を望む障害者にとっては非常に働きやすくなる。特に精神障害者のニーズは大きい。あるデーターによると2017年度以降ハローワークが扱う新規求職者件数の内週20時間未満を希望する人は、精神障害者が年間6000人超、身体が約2500人、知的が約600人と比べても断突だ。是非早く雇用と福祉の併用になるよう期待したい。



閲覧数:110回0件のコメント

最新記事

すべて表示

脳について_5/5:ポジティブ脳の創り方2

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか?と考えましたので、まとめてみました。 第5弾、最終講です。 ポジティブな言葉や行動を繰り返すことで、落ち込んだ感情を持っている人にも非常に効果的な影響を与えることができるかもしれません。 このアプローチは、 ポジティブ心理学や 認知行動療法(CBT)などの心理療法に通じるとも考えられます。 ◆ポジティブな言葉と行動の効果 1

脳について_4/5:ポジティブ脳の創り方

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか? と考え、まとめてみました。 第4弾です。 ◆結論 ポジティブな言葉を繰り返し脳に入れる。他人の言葉でも、自分の言葉でもヨシ! ポジティブな言葉を繰り返し脳に入れ、ポジティブな意思決定や行動を繰り返すことで、偏桃体がポジティブな感情反応を引き起こしやすくなるということは十分に考えられます。 これには以下のようなメカニズムが関

脳について_3/5:脳機能から考える習慣づけ

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか? と考えたので、まとめました。 第3弾目です。 習慣づけに関して、 他者からの言葉がどのように習慣に影響を与えるか? それに大きく関連する大脳基底核とは何か? について説明します。 ◆大脳基底核の役割 大脳基底核(だいのうきていかく)は、運動の制御や認知機能、感情の処理、そして習慣の形成に関与する脳の深部に位置する一連の構造

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page