top of page

ブログ

検索
  • m-nagoshi

障害者の就農広がる

皆さん今日は! 依然このブログでも取り上げました農福連携のことですが、先日新聞記事に「障害者就農広がる選択」との記事を読みました。これは、何でも郡山市の企業で、動物に負担を掛けない注射器等を開発している「ハンドレッド」という会社が、使われていない牛舎を改修し、約20人を受け入れて質の高い乳製品作りに取り組む予定だとか、障害者が生産に携わった食品であることを示す「ノウフクJAS(日本農林規格)」も設け消費者の認知度向上を図っているとの事。現在岩瀬牧場と協力し、牧場内に就労継続支援B型事業所を8月に開所する予定。この様日本では農福連携は19年度末で約4100ヵ所、24年度末には約7000ヵ所以上増やす方針。尚、林業や水産業との連携も模索されているとの事。

今後益々障害をお持ちの方の就労の場が広がることを期待したい。


閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

bottom of page