検索
  • m-nagoshi

障がい者雇用の状況

厚生労働省の昨年12月のデータによると、障がい者の雇用数約56万人で、16年連続で過去最高を更新。しかし、対象となる18歳~65歳の障がい者ぜんたい(約355万人の2割に満たず、法定雇用率を達成した企業も約48%にとどまっているとのこと。尚、仕事の定着率も課題! 新型コロナウイルスの感染拡大で、障がい者が働く「作業所」への軽作業発注が著しく減っているところもあるようです。これからは、障がい者の特性(能力や強み)を生かす「カスタマイズ就業」が大事になってくることでしょう。


6回の閲覧

最新記事

すべて表示

「平等」と「公平」

皆さん今日は! 自助・共助・公助については、就任当初菅総理から良く言っておられますので意味はご存じかと思います。でも、平等・公平・公正の言葉の意味はご存じでしょうか?私は今まで余り深く考えていませんでした。今思えば、どこか混同していたところがあったような気がしています。良く考えてみれば、そもそも一人ひとり全て違う人間です。「平等」ではなく「公平・公正」であるべきと、例えば、背の高い人、普通の人、小