凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • ピアサポーター

障がい受容物語 第1話 (1026Words)

皆さんお久しぶりです。そして、




新年あけましておめでとうございます




今年に入って初めての投稿になります。




今年も凸ゼミ福島をよろしくお願いいたします。




さて、新年一発目の投稿となる今日は、何を書こうかとても迷いました。




年末年始の過ごし方』について書こうかとか、『今年の目標』について書こうかなとか、色々考えたのですが、その結果、




" 私の障がい受容について "




をテーマに書いてみようと決めました。




なぜか!?




障がいをお持ちの方が前に進むために、とても大事なことだと思うからです。





双極性障害と軽い吃音症




私の身近にいる方や、熱心にblogを読んでくださっている方は分かると思いますが、私の障がいは『双極性障害Ⅱ型』と『吃音症』の2つです。




吃音症に至っては、軽度なため診断はついておりません。




軽度なので隠そうと思えば何とか隠せるからです。




誰に話しても「どもってないじゃん」「気にすることないよ」と言われます。




医師すら10人中9人はそう仰ります。




でも私にとっては正直、双極性障害よりも厄介な相手でした。




ちなみに、双極性障害の症状は中学1年生の頃から現れ始めました。




当時は精神疾患に関する知識は親も教師もほとんどない時代、多少症状が出ても

誰も気が付いてくれず、とても苦しい中学・高校生活を送りました。




初めて気が付いたのは私が18か19歳の頃、地元の内科医の先生でした。




私が約1ヵ月寝込んでしまったため連れられた総合病院でのこと。




ショックを受けないようにか、やんわりと精神科を推薦されて、

総合病院内にある精神科に回されました。




そこでは病名とかは言われなかったと記憶しています。




ただ、薬を1種類もらったのだけは憶えています。




今なら分かりますが、抗不安薬でした。




あまり効果は感じられないまま、1ヵ月寝込んでは1ヶ月予備校に行く、

そんな浪人生活を送っていました。



躁鬱の波の中での受験勉強は苦しいものでしたが、

何とか無事大学に合格、上京することに。




いつの間にか精神科にも行かなくなっていました。




そんな喜びも束の間、大学1年生の前期試験が始まる直前に鬱が噴火、ほぼすべての試験を受けられず、いきなり留年の危機が書面で送られてきました…




何のためにわざわざ浪人してまで勉強したんだろう… すべてが無駄になってしまう…




そう思った私は大学の校医に相談、大学と提携していた精神科を紹介してもらいました。




そこで初めてつけられた診断が『気分障害(双極性障害Ⅱ型)』でした。




発症から7年後のことです。





つづく

閲覧数:30回

最新記事

すべて表示

皆さん今日は! 現代は情報化社会と云われていますことは皆さんご承知のことと存じます。 しかし、障害者と健常者との情報格差は依然とあります。今は障害者が日常生活や災害時に必要な情報を健常者と同じ様に得ることは難しい状況です。これを、健常者と同じ様に情報を得られるよう支援し、格差の解消を目指す法案が、過日の某新聞に記載されておりました。簡単にこの法案のポイントを記述しておきます。 ・情報伝達機器開発