top of page

ブログ

検索
  • m-nagoshi

障がいのある方の就労事例


安定した皆さん今日は! 今日は障がいのある方の就労について少し述べさせて貰います。

先日ある記事が目に入ってきました。それは、精神障がいのある方で、業種は学術研究業です。この方の障害の程度は3級(うつ病・ASD・ADHD)、職場はある大学の研究員として働いていますが、裁量労働制なので、平日通院の時間をとることもでき、体調不良の時は早退することもできます。職場は一人ひとりが、パーテーションで区切られたスペースで仕事をしているので、周りを気にすることが無いので良いとの事で、非常に好ましい職場環境で働かれている方ですが、いくら良い環境だけでは難しいのではと思っておりましたが、この方は、仕事をする上で、ご自身で行っている工夫が有りました。それは、①会議やセミナーはカレンダーに予定を記入し、掲示しておく。②やらなくてはいけないことは付箋でホワイトボードに貼り付けておく。③人の顔を覚えるのが苦手なので、職員名簿を掲示する。④疲れを持ち越さないように22時で就寝する。⑤仕事で困った時相談できる相手は、精神科の主治医。⑥余暇の過ごし方は、音楽を聴いたり、ゲーム、ベランダで花を育てる等非常に安定と充実した生活をされておられます。この方、過去には就労移行支援事業所に通所されておられたとの事。





閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

bottom of page