top of page

ブログ

検索
  • 遠藤 一歩

発達障害/発達障がい_よくある質問#9

発達障害を持つ個人が一般就労をする際のポイントを、雇用者側と被雇用者側の両方からの視点から教えてください。



雇用者側に必要なこと

  1. 理解と柔軟性: 発達障害を理解し、その個人のニーズや強みを考慮した柔軟な労働環境を提供することが重要です。

  2. 適切な支援の提供: 適切なトレーニングや支援を提供し、その人が仕事を遂行するのに必要な手助けを提供します。

  3. コミュニケーションの促進: 開かれたコミュニケーションを奨励し、個人が必要な情報を理解しやすいようにします。

  4. フィードバックと評価の適切な提供: 明確で建設的なフィードバックを提供し、適切な評価を行います。ポジティブな側面に焦点を当て、成長を支援します。



被雇用者側に必要なこと

  1. 自己理解と自己管理: 自己理解を深め、自分の強みや課題を認識し、効果的に管理します。

  2. コミュニケーションスキルの向上: コミュニケーションスキルを向上させ、自分の考えや感情を適切に表現する方法を学びます。

  3. 柔軟性と適応力: 環境の変化に適応し、柔軟なアプローチで仕事に取り組みます。

  4. ストレス管理: ストレス管理技術を習得し、ストレスが高まる状況下でも冷静さを保ちます。

  5. 目標設定と自己管理: 明確な目標を設定し、自己管理能力を向上させることで、仕事の遂行を効果的に支援します。


雇用者と被雇用者の両方が、相互理解と協力を基盤とした関係を築くことが、発達障害を持つ個人が一般就労で成功するための鍵となります。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

bottom of page