top of page

ブログ

検索
  • 遠藤 一歩

発達障害/発達障がい_よくある質問#9

発達障害を持つ個人が一般就労をする際のポイントを、雇用者側と被雇用者側の両方からの視点から教えてください。



雇用者側に必要なこと

  1. 理解と柔軟性: 発達障害を理解し、その個人のニーズや強みを考慮した柔軟な労働環境を提供することが重要です。

  2. 適切な支援の提供: 適切なトレーニングや支援を提供し、その人が仕事を遂行するのに必要な手助けを提供します。

  3. コミュニケーションの促進: 開かれたコミュニケーションを奨励し、個人が必要な情報を理解しやすいようにします。

  4. フィードバックと評価の適切な提供: 明確で建設的なフィードバックを提供し、適切な評価を行います。ポジティブな側面に焦点を当て、成長を支援します。



被雇用者側に必要なこと

  1. 自己理解と自己管理: 自己理解を深め、自分の強みや課題を認識し、効果的に管理します。

  2. コミュニケーションスキルの向上: コミュニケーションスキルを向上させ、自分の考えや感情を適切に表現する方法を学びます。

  3. 柔軟性と適応力: 環境の変化に適応し、柔軟なアプローチで仕事に取り組みます。

  4. ストレス管理: ストレス管理技術を習得し、ストレスが高まる状況下でも冷静さを保ちます。

  5. 目標設定と自己管理: 明確な目標を設定し、自己管理能力を向上させることで、仕事の遂行を効果的に支援します。


雇用者と被雇用者の両方が、相互理解と協力を基盤とした関係を築くことが、発達障害を持つ個人が一般就労で成功するための鍵となります。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page