top of page

ブログ

検索
  • 遠藤 一歩

発達障害/発達障がい_よくある質問#7

Q:発達障害がある方は、苦手なコトが多いことから、失敗経験が多く、自尊心が低い方が多いように見えます。そんな方々が、ご自身の価値を見出すには、どんな行程を辿るのが一般的なのでしょうか?


A:発達障害がある方が自己価値を見出すためには、以下のような行程が一般的です。ただし、これはあくまで一般的なアプローチであり、個々の人の経験によって異なります。


  1. 自己理解の深化:

  • 自分自身を深く理解し、発達障害の特徴や個々の強み・弱みを認識することがスタートです。専門家の助けを借りながら、自分の個性やニーズを理解しましょう。

  1. 成功体験の強化:

  • 小さな成功体験から始め、能力を発揮できた瞬間や達成感を感じる瞬間を意識的に増やしていくことが重要です。これにより、自信をつけやすくなります。

  1. 目標の設定と達成:

  • 小さな目標を設定し、段階的にそれを達成することで、自分の能力を実感しやすくなります。目標は具体的で、達成可能であることが重要です。

  1. 失敗への対処法の学習:

  • 失敗は避けられないものですが、その失敗から学び、成長することができるようになると良いです。失敗に対処するためのポジティブな態度や解決策を見つけるスキルを身につけることが自尊心の向上につながります。

  1. サポートシステムの構築:

  • 友達や家族、サポートグループなど、自分を理解し支えてくれる人たちとのコミュニケーションを大切にしましょう。共感と理解が自尊心の向上に寄与します。

  1. 自分の強みを見つける:

  • 発達障害を持つ人々は、他の人とは異なる独自の強みを持っています。これを見つけ、それを活かせる環境や活動を見つけることが、自分の価値を感じる手助けとなります。

  1. プロフェッショナルのサポート:

  • 必要に応じて、心理療法やカウンセリングを受けることで、感情の整理や自己受容のプロセスをサポートしてもらうことができます。

  1. 自分を大切にする:

  • 自分の感情やニーズを大切にし、自分に優しく接することが重要です。自分を否定せず、自分を受け入れることが自尊心を高める一環です。

これらのステップは、自尊心を向上させ、自分自身の価値を見出す助けになる可能性があります。個別の状況やニーズによっては、専門家のアドバイスやサポートが有益です。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

bottom of page