top of page

ブログ

検索
  • 遠藤 一歩

発達障害/発達障がい_よくある質問#3

Q:発達障害の疑いを持つ人が感じる、友人関係や社交的な関係を築くのが難しさの詳細な例を教えてください。


A:社交的な課題に関連して、友情や社交的な関係の築き方が難しいと感じる人が経験する具体的な例を挙げます


  1. コミュニケーションスキルの不足:

  • 適切な挨拶や挙動の難しさ: 社交的な場面で、適切な挨拶や行動が難しいと感じることがあります。例えば、相手に対して適切な目線や表情を保つことが難しい場合があります。

  • 他者の感情やニーズの理解の難しさ: 相手の感情やニーズを正確に理解することが難しく、それが友情や関係の発展を阻むことがあります。

  1. 適切な距離感の難しさ:

  • 適切な身体的な距離の設定が難しい: 社交的な場面で、適切な身体的な距離を保つことが難しく、他者に不快感を与えることがあります。

  • 適切なタイミングでのコンタクトの難しさ: 適切なタイミングで握手やハグなどの身体的なコンタクトが難しいと感じ、相手との関係が深まりにくいことがあります。

  1. 共感力の不足:

  • 相手の感情に適切に共感できない: 相手の感情に適切に共感することが難しく、相手が期待する感情の表現が難しいことがあります。

  • 相手の視点の理解の難しさ: 相手の視点や立場を理解することが難しく、コミュニケーションが不十分になることがあります。

  1. 共通の興味や話題の不足:

  • 特定の興味に固執し、他者の関心に理解を示せない: 特定の興味に強い関心を持ち、他者が共有できる興味や話題が限られてしまい、関係が深まりにくいことがあります。


これらの例は、社交的な関係の築き方において発達障害のある人が直面する可能性がある具体的な課題を示しています。個々の経験は異なるため、症状や程度も個別の状況により異なります。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

bottom of page