top of page

ブログ

検索
  • 遠藤 一歩

発達障害/発達障がい_よくある質問#3

Q:発達障害の疑いを持つ人が感じる、友人関係や社交的な関係を築くのが難しさの詳細な例を教えてください。


A:社交的な課題に関連して、友情や社交的な関係の築き方が難しいと感じる人が経験する具体的な例を挙げます


  1. コミュニケーションスキルの不足:

  • 適切な挨拶や挙動の難しさ: 社交的な場面で、適切な挨拶や行動が難しいと感じることがあります。例えば、相手に対して適切な目線や表情を保つことが難しい場合があります。

  • 他者の感情やニーズの理解の難しさ: 相手の感情やニーズを正確に理解することが難しく、それが友情や関係の発展を阻むことがあります。

  1. 適切な距離感の難しさ:

  • 適切な身体的な距離の設定が難しい: 社交的な場面で、適切な身体的な距離を保つことが難しく、他者に不快感を与えることがあります。

  • 適切なタイミングでのコンタクトの難しさ: 適切なタイミングで握手やハグなどの身体的なコンタクトが難しいと感じ、相手との関係が深まりにくいことがあります。

  1. 共感力の不足:

  • 相手の感情に適切に共感できない: 相手の感情に適切に共感することが難しく、相手が期待する感情の表現が難しいことがあります。

  • 相手の視点の理解の難しさ: 相手の視点や立場を理解することが難しく、コミュニケーションが不十分になることがあります。

  1. 共通の興味や話題の不足:

  • 特定の興味に固執し、他者の関心に理解を示せない: 特定の興味に強い関心を持ち、他者が共有できる興味や話題が限られてしまい、関係が深まりにくいことがあります。


これらの例は、社交的な関係の築き方において発達障害のある人が直面する可能性がある具体的な課題を示しています。個々の経験は異なるため、症状や程度も個別の状況により異なります。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page