凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • m-nagoshi

熱中症予防

よく言われたものです皆さん今日は !猛暑が続いております。熱中症を疑う症状が出た場合の処置に迷うこと有りませんか?熱中症には重症度ⅠからⅢまであるそうです。調べてみました。

・重症度Ⅰ:めまい、立ち眩み、気分が悪い、手足のしびれ、こむら帰り(筋肉の痛みや硬   直)。

処置:水分塩分の補給、涼しい場所へ避難。

・重症度Ⅱ:頭痛、吐き気、嘔吐、体がだるい、力が入らない。

処置:重度Ⅰに加えて、衣類を緩める、体を冷やす、速やかに病院に行く。

・重症度Ⅲ:返事がおかしい、体がひきつる(痙攣)、真っすぐに歩けない、意識がない、

 体が熱い。

処置:迷わず救急車で病院へ!

昔は良く日射病や熱射病に気を付けなさいと良く言われたものです。でも熱中症は

殆ど聞いたことが有りませんでした。これらはいづれも熱による障害の総称との事です。

日射病は脱水症状、熱射病は高い体温に体が対処しきれなくなった状態の様です。

今の季節暑くて水分を摂る機会が多くなりますが、水分は1回に大量に飲むのではなく、適量を回数多く飲む、汗を多く書くときは、水分やお茶だけでなく、スポーツドリンクやイオン飲料も合わせて飲むように心がけましょう。

閲覧数:3回

最新記事

すべて表示