top of page

ブログ

検索
  • m-nagoshi

海外における障害者雇用の実態

皆さん今日は! WHO(世界保健機構)の推計によれば、世界の人口の15%は障害者(約10億人)内80%は開発途上国に居住しているとのこと。そうした中にあって、障害者雇用というと先ずは「法定雇用率」は何パーセントなのかと考えますが、日本の一般企業の場合は2.2%

ですが、スウェーデンやデンマーク等は法定雇用率は無いとのことです。日本企業では法定雇用率未達成の場合ペナルティとして納付金制度があります。スウェーデン等にはなぜないのか? 調べてみましたところ、スウェーデンでは、障害者は「お一人お一人様々な特徴を持った人たちの人」という考え方が自然のようです。スウェーデン企業では、障害者雇用は「企業のたしなみ」という表現をされているとのこと。これには少し驚きました。従って障害者も公平に雇用するのは当たり前の発想とのことです。それに比べ日本は、障害者雇用についての考え方が、数十年前よりは相当進歩しましたが、スウェーデンと比べると十数年遅れている様に感じられます。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

bottom of page