top of page

ブログ

検索
  • 遠藤 一歩

【参考】注意欠陥多動性障害とは?

更新日:2019年8月15日

不注意な過ちをする (注意欠陥) ,落ち着きがなく体をしょっちゅう動かす (多動性) ,衝動的な行動が目立つという症状がある行動障害。症状の出方により注意欠陥型,多動衝動型,混合型がある。症状は幼児から児童で目立ち,全体の3%ほどに見られる。


通常は年齢が上がるにつれて症状は目立たなくなるが,大人になっても残る場合もある。知能的に大きな問題はないが,言語表現能力が劣る,不器用,バランスが悪い,学習障害があるなど発達面での問題も合併しやすい。さらに非行など社会ルールや常識に反する行為を持続的に行うこともあり,学校など周囲へ影響することもある。


一部には脳など中枢神経の異常も関係するとされるが,劣悪な環境だけで同様の症状がでることもあるといわれるため,自閉症などの発達障害とは同列にされない。


治療・対策としては心理学・精神医学的な治療,環境の調整などがある。薬物療法として,中枢神経を刺激する薬剤塩酸メチルフェニデート (商品名リタリン) が使用されている。注意欠陥障害 ADDもほぼ同じ病気をさす。


出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

脳について_5/5:ポジティブ脳の創り方2

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか?と考えましたので、まとめてみました。 第5弾、最終講です。 ポジティブな言葉や行動を繰り返すことで、落ち込んだ感情を持っている人にも非常に効果的な影響を与えることができるかもしれません。 このアプローチは、 ポジティブ心理学や 認知行動療法(CBT)などの心理療法に通じるとも考えられます。 ◆ポジティブな言葉と行動の効果 1

脳について_4/5:ポジティブ脳の創り方

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか? と考え、まとめてみました。 第4弾です。 ◆結論 ポジティブな言葉を繰り返し脳に入れる。他人の言葉でも、自分の言葉でもヨシ! ポジティブな言葉を繰り返し脳に入れ、ポジティブな意思決定や行動を繰り返すことで、偏桃体がポジティブな感情反応を引き起こしやすくなるということは十分に考えられます。 これには以下のようなメカニズムが関

脳について_3/5:脳機能から考える習慣づけ

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか? と考えたので、まとめました。 第3弾目です。 習慣づけに関して、 他者からの言葉がどのように習慣に影響を与えるか? それに大きく関連する大脳基底核とは何か? について説明します。 ◆大脳基底核の役割 大脳基底核(だいのうきていかく)は、運動の制御や認知機能、感情の処理、そして習慣の形成に関与する脳の深部に位置する一連の構造

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page