top of page

ブログ

検索
  • 遠藤 一歩

【参考】注意欠陥多動性障害とは?

更新日:2019年8月15日

不注意な過ちをする (注意欠陥) ,落ち着きがなく体をしょっちゅう動かす (多動性) ,衝動的な行動が目立つという症状がある行動障害。症状の出方により注意欠陥型,多動衝動型,混合型がある。症状は幼児から児童で目立ち,全体の3%ほどに見られる。


通常は年齢が上がるにつれて症状は目立たなくなるが,大人になっても残る場合もある。知能的に大きな問題はないが,言語表現能力が劣る,不器用,バランスが悪い,学習障害があるなど発達面での問題も合併しやすい。さらに非行など社会ルールや常識に反する行為を持続的に行うこともあり,学校など周囲へ影響することもある。


一部には脳など中枢神経の異常も関係するとされるが,劣悪な環境だけで同様の症状がでることもあるといわれるため,自閉症などの発達障害とは同列にされない。


治療・対策としては心理学・精神医学的な治療,環境の調整などがある。薬物療法として,中枢神経を刺激する薬剤塩酸メチルフェニデート (商品名リタリン) が使用されている。注意欠陥障害 ADDもほぼ同じ病気をさす。


出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

bottom of page