凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • 遠藤 一歩

弊社の目指す姿

最終更新: 2019年8月15日

『利用者の自立を勇気づける』

そんな支援を理想と考えています。


『自立』とは?


字のとおり、

みずから たつ 

こと。


『みずから』を別の言葉で言い換えると、

自分で

自力で

自分の意志で

といったところでしょうか?


障害者は、

自分の意思ではなく、

望んでいたわけでもないのに、

障害を抱えています。


なんで自分が?

とか、

こんな障害さえなければ、

とか

憤懣としていることでしょう。

健常者を羨んだり、妬んだり

することもあるでしょう。


でも、

みずから、

できない事もあるのが現実。


じゃぁ、どうする?


というのを、

一緒に考えていきたい。


その答えの先に

きっと明るい未来があるから。


そして、

障害者が苦しんでいるのを

近くでみている

ご家族、親

のお心も苦しいでしょう。


親御さんは特に苦しいでしょう。

自分が死んだあとはどうなるのか?


そんな苦しみを

ほんの少しでも

和らげる方法が、

微力でも

できる事があるなら、

それをやろう!


なぜなら、

他にやるひとがいないから!


と立ち上がります!


2019年2月15日

遠藤一歩


46回の閲覧

最新記事

すべて表示

やりたい仕事と出来る仕事について

皆さん今日は! 新型コロナウイルス禍にあって、雇用や雇止めで仕事を失った人は厚生労働省の発表では、7月8日時点で見込みを含めて、11万13人になったとの事。業種別では製造業が2万人を超えて最も多く、小売り業、飲食業、宿泊業がそれぞれ1万人超となった。この様な中にあって、障害のある方の仕事は増々厳しい滋養協であるが、仕事を選ぶ上で、障害のある方が「やりたい仕事」と「出来る仕事」の区別を明確にして貰う