凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • ピアサポーター

就職前に身に着けるべき3大スキルとは!?

みなさんこんばんは!




新人ピアサポーターの、いや、間違えた! 名前がヴァージョンアップしたのです。




今週火曜日に無事ピアサポーター研修を修了し、かつ、ここ凸ゼミ福島に入社して半年が経過したということで、このたび普通の『ピアサポーター』に格上げされました。




いやいや、勝手に格上げしときました 笑




ということで、ピアサポーターとして今後とも精進してまいりますので、何卒よろしくお願いいたします!






さて、今回のテーマですが、わたくしピアサポーターが個人的に思う、



就職前に必ず身に着けるべき3大スキルとは!!



みなさんはどのようなスキルを身に着けたいと思っていますか?




高度なExcelのスキル、Pythonのスキル、簿記2級、toeic800点、ポケモン検定中級




どれも素晴らしいスキルですね。簡単にはとれません。




これらは確かに素晴らしい技術、有るにこしたことはないです。




でも、これらのような個々のスキルよりも、まず先に必ず習得しなければならないスキルがあります。(あ、もちろん私個人の見解ですからね)




それは、


1.障害の自己管理スキル

2.業務遂行判断スキル(勝手にネーミングしました)

3.相談スキル


この3つのスキルが最も大事なのではないか?と最近は思っています。




1.障害の自己管理スキルに関しては、今までblogやTwitterなどで頻繁に発信しているので「また来たな」と思う方もいらっしゃるかもしれません。でもそれくらい大切だということですね。


一応説明させていただきますと、自分の障害について勉強したり、服薬管理をするのはもちろんのこと、症状が表れる兆候にいち早く気づき、すぐに適切な対処をして症状が表れるのを回避したり、仮に症状が表れてしまったとしても、すぐに適切な対処をすることによって症状の悪化を最低限におさえたり。




文字通り、症状に適切に対処することで社会生活へのダメージを最小限にとどめることができるスキル、これは障害を抱えながら働いていくためには必要不可欠なスキルだと思います。医師から処方された薬を効果も知らずに飲んでるだけのあなた!就職する前に自己管理スキルは必ず身につけましょう!





2.業務遂行判断スキルに関しては、「どういう意味?」と感じた方もいらっしゃるかもしれませんね。昔からネーミングセンスがないんです。。。それはさておき、どんなスキルかと申し上げますと、『業務遂行=仕事をやりとげる』、つまり、『この仕事を出来るか出来ないかを見極めるスキルのことです。




就職して、先輩や上司に仕事を頼まれたときに、『これならできそうだ』とか『これは今の自分の能力では無理だな』などと正確に判断できるスキルのことです。このスキルが身についていれば、何か仕事を振られたときに「これはちょっと厳しいですね・・・」とか「これをお昼までに終わらせるのは無理です。15時までとかならいけます」と言うことができますね。このスキルを身に着けるのは大変かもしれませんが、とにかく自分の能力、力を知ること、自己分析が必要ですね。





そして最後の3.相談スキル、これはあまりにも有名なスキルではありますが、できていない人もかなりいるのではないでしょうか?分からなくて困っている時に、上司や分かりそうな人にすぐ相談に行けますか?案外難しいですよね。分からないままにただただ時間だけが経過していくのは避けたいところ。ある程度のタイミングを見て相談しやすい先輩や上司相談しましょう。自分一人だけの力には限界があります。




困っているオーラを察知して、先輩や上司の方から「何か困ってる?」などと来てくれる神対応の人はほとんどいません。オーラを察知して助けてくれるのは過保護なお母さんだけだと思いましょう。相談スキルを身に着けて自分から聞きに行きましょう!





まとめ

ということで、今回はかなりベタな話をしてしまいましたが、実はかなり難しいスキルであることも確かです。




2と3に関しては健常者にとっても大事なスキルですね。




ある程度のレベルまで上げておかないと入社してから辛い思いをしてしまいかねないです。



1.障害の自己管理スキル

2.業務遂行判断スキル

3.相談スキル



少しずつレベル上げをしていきたいですね!!




画像参照:いらすとや

128回の閲覧

最新記事

すべて表示

やりたい仕事と出来る仕事について

皆さん今日は! 新型コロナウイルス禍にあって、雇用や雇止めで仕事を失った人は厚生労働省の発表では、7月8日時点で見込みを含めて、11万13人になったとの事。業種別では製造業が2万人を超えて最も多く、小売り業、飲食業、宿泊業がそれぞれ1万人超となった。この様な中にあって、障害のある方の仕事は増々厳しい滋養協であるが、仕事を選ぶ上で、障害のある方が「やりたい仕事」と「出来る仕事」の区別を明確にして貰う