凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • 遠藤 一歩

対象者は誰?【遠藤 私見】

最終更新: 2019年7月26日

問い:当事業所の対象者は誰か?

答え:当事業所を必要とする方

この答えを導き出すのに、半年以上要しました。


以前は、

『発達障害者に特化』と、迷いなく答えておりました。


しかし、

自分自身の腹落ちがありませんでした。

『誰もが安心できる環境をつくるのだ!』

『みんなを承認するのだ!』

と自ら掲げた目的・目標に合致しないのです。


2019年7月18日 10:00頃 

自分の間違いに気づきました。


ある支援学校を

私と弊社社員のSさんの二人で訪問させていただきました。


9:57到着 

もうすでに、

進路ご担当のS先生が玄関でお待ちくださっていました。

スリッパも準備されており、

我々を歓迎してくださっているのは明らかです。


S先生をのたたずまいは、優しさオーラ全開。

発せられる言葉は、丁寧で、優しく、誠実。

児童・生徒に対する愛情をもって、熱心にご指導を

されているのが手に取るようにわかります。


やはり来ました。

『うちは知的障害者がメインです。うちの生徒も対象ですか?』


一瞬、答えに詰まりました。


自問しました。

『知的は対象外です、と断るのか?』

『お前は、誰のための事業所を開くのだ?』

『利用者を選り好みするのか?』

『お前は金もうけをしたいのか、支援をしたいのか?』


答えはあっさり見つかりました。

『気に入ってくだされば、喜んで!』


今までの悩みが一気に消えました。


この答えに至るまでに、弊社社員のSさんから

何度も頂いていた質問がありました。


『利用者を選り好みするんですか?』


支援歴が豊富なSさんは、

弊社のビジネスモデルに

ずっと違和感を感じていらっしゃったのでしょう、

盛んに、繰り返し、私に問い続けてくれていました。


でも、

『そういうビジネスモデルなんです。』

と私の耳・心には届いていませんでした。


支援の本質はなにか?

お二人は、身をもって導いてくれました。

感謝してもしきれません。


大きな間違いをするところでした。

『なるべく、小さく、早く、たくさん失敗しろ』


お二人には

感謝してもしきれません。

48回の閲覧

最新記事

すべて表示

コロナ禍でテレワーク実施に地域差

皆さん今日は!今世の中は新型コロナウイルス禍で、テレワーク人口が急激に増加しているようです。テレワークをしている人の割合は都道府県で差があり、トップは東京の45、8% とのことです。全国平均では24、7%で、最も低いのは和歌山県の3、5%で、規模が大きい企業ほど実施しており、以前見た新聞記事によりますと中小企業と最大3、4倍の開きがあったとの事。尚、パーソル総合研究所の調査データによりますと、福島

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
こちらのアイコンをクリックして下さい
Twitter: 凸ゼミ福島公式アカウント。講演や座談会、各種イベントの告知をしています。
YouTube: 利用者さんが中心となり企画から撮影・編集を行いアップしています。
Facebook: イベント等の告知をしています。
Instagram: イベントの告知や事業所内の風景をアップしています。
TEL 024-572-6310

©2019 by 凸. Proudly created with Wix.com