top of page

ブログ

検索
  • 遠藤 一歩

対象者は誰?【遠藤 私見】

更新日:2019年7月26日

問い:当事業所の対象者は誰か?

答え:当事業所を必要とする方

この答えを導き出すのに、半年以上要しました。


以前は、

『発達障害者に特化』と、迷いなく答えておりました。


しかし、

自分自身の腹落ちがありませんでした。

『誰もが安心できる環境をつくるのだ!』

『みんなを承認するのだ!』

と自ら掲げた目的・目標に合致しないのです。


2019年7月18日 10:00頃 

自分の間違いに気づきました。


ある支援学校を

私と弊社社員のSさんの二人で訪問させていただきました。


9:57到着 

もうすでに、

進路ご担当のS先生が玄関でお待ちくださっていました。

スリッパも準備されており、

我々を歓迎してくださっているのは明らかです。


S先生をのたたずまいは、優しさオーラ全開。

発せられる言葉は、丁寧で、優しく、誠実。

児童・生徒に対する愛情をもって、熱心にご指導を

されているのが手に取るようにわかります。


やはり来ました。

『うちは知的障害者がメインです。うちの生徒も対象ですか?』


一瞬、答えに詰まりました。


自問しました。

『知的は対象外です、と断るのか?』

『お前は、誰のための事業所を開くのだ?』

『利用者を選り好みするのか?』

『お前は金もうけをしたいのか、支援をしたいのか?』


答えはあっさり見つかりました。

『気に入ってくだされば、喜んで!』


今までの悩みが一気に消えました。


この答えに至るまでに、弊社社員のSさんから

何度も頂いていた質問がありました。


『利用者を選り好みするんですか?』


支援歴が豊富なSさんは、

弊社のビジネスモデルに

ずっと違和感を感じていらっしゃったのでしょう、

盛んに、繰り返し、私に問い続けてくれていました。


でも、

『そういうビジネスモデルなんです。』

と私の耳・心には届いていませんでした。


支援の本質はなにか?

お二人は、身をもって導いてくれました。

感謝してもしきれません。


大きな間違いをするところでした。

『なるべく、小さく、早く、たくさん失敗しろ』


お二人には

感謝してもしきれません。

閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

bottom of page