凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • 新人ピアサポーター

寝る前の『思い出しポジティブ』

今日は寝る前のほんの3分程度で、


『ストレス耐性UP』

『幸福度UP』

『抑うつ気分DOWN』


と、良いことづくめの方法をご紹介します!


それは・・・、寝る前に今日あったいいこと3つを日記に書く!です!!


「そんなこと知ってます!!!」


って方も多いでしょうね。





今回はそんな方のために、もっと楽々な方法をご提案いたしましょう!


その名も『寝る前の思い出しポジティブ

もしくは『寝る前の思い出しポジポジ』でもよいでしょう。


書くことはかなりハードルが高いですが、

布団に入って電気を消して良かったことを思い出す、

それなら出来そうな気がしませんか?


ポジティブ日記を書くよりは超楽です。


良いことなんてめったにありません・・・


と嘆く方もいるでしょう。

私もそうです(´;ω;`)


良かったことの内容は、


『天気がよかった』

『片頭痛がなかった』

『久しぶりに外に出て太陽の光を浴びた』

『キット〇ットが美味しかった』

『占いで5位だった』

『雨の予報だったが小雨だった』


などなど、ささいなことでかまわないのです。


要するに、ポジティブなことを考える癖をつけることが大切。


これは様々な研究でも明らかにされており、精神科界隈の先生方も推奨しておられます。


大体は紙に書くことを推奨されていますが、思い浮かべるだけでOKなのです。


『思い出しポジティブ』


ぜひお試ししてみてください!


それではまた明日の記事でお会いしましょう!

8回の閲覧

最新記事

すべて表示

やりたい仕事と出来る仕事について

皆さん今日は! 新型コロナウイルス禍にあって、雇用や雇止めで仕事を失った人は厚生労働省の発表では、7月8日時点で見込みを含めて、11万13人になったとの事。業種別では製造業が2万人を超えて最も多く、小売り業、飲食業、宿泊業がそれぞれ1万人超となった。この様な中にあって、障害のある方の仕事は増々厳しい滋養協であるが、仕事を選ぶ上で、障害のある方が「やりたい仕事」と「出来る仕事」の区別を明確にして貰う