top of page

ブログ

検索
  • 新人ピアサポーター

失敗は成功の母

さて、みなさんが農家で、何か作物を栽培しているとして、収穫がほとんど出来なかったとしましょう。


みなさんはほとんど実らなかった作物に対して、


「罰として水を与えない」とか、

「肥料はやらないとか」とか、


そんなことはしませんよね。

そんなことをしたら、来期はもっと収穫量は減ってしまうのは目に見えています。

出典:https://ameblo.jp/78752019/entry-12605065794.html


そうならないためにも、肥料の使い方を考えたり、作物が育ちやすい環境を作ることに精を出すでしょう。




ではこれを人間に置き換えてみてはどうでしょう? 自分の子供が、生徒が、部下が、何か過ちをおかしてしまったとします。 「罰として校庭10周!!」とか(例えが古い)、

「きびしく叱る」とか、


してしまっている人もいるかもしれませんね。


昔はそれが良しとされていた時代もあったかもしれませんし、メンタルが強い人であれば、『なにくそ!!』と燃えて成長する場合もあるかもしれません。


しかし、たいていの人はそんなにメンタルが強いわけではありません。


何かミスをして叱られ続けたり、罰を受け続けたりすれば、心の傷は次第に大きくなり、

やがては失敗するのが怖くなり、挑戦することにすら躊躇するようになっていくでしょう。




人間も作物と一緒で、叱り続けたり罰を与え続ければ良いというわけではありません。

(もちろん叱るべき場面もありますが)


大切なのは、安心して失敗をできる環境を作ってあげられるかが大切。


人間は失敗を通して成長していく生き物。

たくさん挑戦してたくさん失敗した人がどんどん成長していきます。


安心して失敗できる環境作り、


これこそが大事なのだと私は思います。

閲覧数:94回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

bottom of page