top of page

ブログ

検索
  • 新人ピアサポーター

失敗は成功の母

さて、みなさんが農家で、何か作物を栽培しているとして、収穫がほとんど出来なかったとしましょう。


みなさんはほとんど実らなかった作物に対して、


「罰として水を与えない」とか、

「肥料はやらないとか」とか、


そんなことはしませんよね。

そんなことをしたら、来期はもっと収穫量は減ってしまうのは目に見えています。

出典:https://ameblo.jp/78752019/entry-12605065794.html


そうならないためにも、肥料の使い方を考えたり、作物が育ちやすい環境を作ることに精を出すでしょう。




ではこれを人間に置き換えてみてはどうでしょう? 自分の子供が、生徒が、部下が、何か過ちをおかしてしまったとします。 「罰として校庭10周!!」とか(例えが古い)、

「きびしく叱る」とか、


してしまっている人もいるかもしれませんね。


昔はそれが良しとされていた時代もあったかもしれませんし、メンタルが強い人であれば、『なにくそ!!』と燃えて成長する場合もあるかもしれません。


しかし、たいていの人はそんなにメンタルが強いわけではありません。


何かミスをして叱られ続けたり、罰を受け続けたりすれば、心の傷は次第に大きくなり、

やがては失敗するのが怖くなり、挑戦することにすら躊躇するようになっていくでしょう。




人間も作物と一緒で、叱り続けたり罰を与え続ければ良いというわけではありません。

(もちろん叱るべき場面もありますが)


大切なのは、安心して失敗をできる環境を作ってあげられるかが大切。


人間は失敗を通して成長していく生き物。

たくさん挑戦してたくさん失敗した人がどんどん成長していきます。


安心して失敗できる環境作り、


これこそが大事なのだと私は思います。

閲覧数:102回0件のコメント

最新記事

すべて表示

脳について_5/5:ポジティブ脳の創り方2

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか?と考えましたので、まとめてみました。 第5弾、最終講です。 ポジティブな言葉や行動を繰り返すことで、落ち込んだ感情を持っている人にも非常に効果的な影響を与えることができるかもしれません。 このアプローチは、 ポジティブ心理学や 認知行動療法(CBT)などの心理療法に通じるとも考えられます。 ◆ポジティブな言葉と行動の効果 1

脳について_4/5:ポジティブ脳の創り方

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか? と考え、まとめてみました。 第4弾です。 ◆結論 ポジティブな言葉を繰り返し脳に入れる。他人の言葉でも、自分の言葉でもヨシ! ポジティブな言葉を繰り返し脳に入れ、ポジティブな意思決定や行動を繰り返すことで、偏桃体がポジティブな感情反応を引き起こしやすくなるということは十分に考えられます。 これには以下のようなメカニズムが関

脳について_3/5:脳機能から考える習慣づけ

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか? と考えたので、まとめました。 第3弾目です。 習慣づけに関して、 他者からの言葉がどのように習慣に影響を与えるか? それに大きく関連する大脳基底核とは何か? について説明します。 ◆大脳基底核の役割 大脳基底核(だいのうきていかく)は、運動の制御や認知機能、感情の処理、そして習慣の形成に関与する脳の深部に位置する一連の構造

Kommentare

Mit 0 von 5 Sternen bewertet.
Noch keine Ratings

Rating hinzufügen
bottom of page