top of page

ブログ

検索
  • 遠藤 一歩

夜なら来れる?【引きこもり支援】

更新日:2023年6月21日

6/2㈮から、でこゼミは夜間営業をしています。

自立訓練(生活訓練)のサービス提供を金曜日だけ、20:00まで延長しています。


具体的には、『しゃべり場』なるピアトークを行います。


参加している皆さんが話しやすい仕組みです。

144回にわたって、一般開放をしてまいりました。

まぁまぁ好評で、毎回10名程度の参加者さんがありました。

今後は、

利用者さんと凸ゼミ卒業&在勤の方々限定にして開催します。


◆申込URL


なぜ、そんなことをするの?

その答えの一つは、『ひきこもり支援』です。


令和2年の学校基本調査によると、

通信制高校の約32%の生徒が、進路が定まらないまま卒業を迎えます。

全国で約19千人、福島県北地区では約50人の方が相当する計算になります。

その後、その方々はどうされるのでしょうか?


参考資料

◆文部科学省_令和2年_学校基本調査_高等学校通信教育の現状について 


凸ゼミ福島に利用相談にいらっしゃる方々の多くは、通信制高校の卒業生です。

卒業後、即、凸ゼミ利用に繋がる方もいらっしゃいます。

卒業後、一切社会との関わりが無く、相談まで何年も経過している方も一定数いらっしゃいます。


社会と関わらない期間は、ご本人にとって必要だったのでしょう。

お辛い時期であったかと考えます。


『本当はゲームなんかやりたくなかった』

『この世に居場所がないと思うと、自〇しか思い浮かばなかった』

など、

苦しい胸の内をお聞かせいただくことが多いです。


『先が見えない暗いトンネル』と表現する方もいらっしゃいます。

まっくらのトンネルを歩く?

想像すると、ゾッとします。


何があればよかったか?

答えは明確。『居場所』だそうです。


よし、俺が創ったる!


◆申込URL


閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

bottom of page