top of page

ブログ

検索
  • 新人ピアサポーター

堀越先生ありがとうございました!!!!

本日は、ほりこし心身クリニック院長 堀越翔先生、副院長保科先生、そしてわたくし凸ゼミ福島の新人ピアサポータによるZOOM講演が行われました。


全3回に渡る講演の最後3回目となった今回のテーマは、


『現役精神科医に聞いてみよう!!』


ということで、幅広く質問を募って堀越先生に回答いただくというQ&A方式の講演となりました。


ご応募いただいたご質問の総数は75件、うち14件の問いにご回答いただきました。


質問のほとんどは診察中にはとても聞くことのできない深い内容のものばかりで、ここ凸ゼミ福島の利用者さんも集中して先生の一声一声を聞いていました。



一人でも多くの精神疾患者のリカバリーと社会復帰のために、今後も様々な企画を立ち上げていきたいと思います。


ほりこし心身クリニック院長の堀越翔先生、副院長の保科輝之先生、ならびスタッフの皆様、この度は全3回に渡ってご協力いただき、本当にありがとうございました!!!!

閲覧数:98回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

bottom of page