凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • y-sato

利用者さんの変化【遠藤一歩】

利用者さんの変化には驚きます。

利用者さんの一人をAさんとします。


Aさんは、他の事業所から移籍してきました。

以前の事業所には週に2~3回、2時間だけ通っていらっしゃいました。

メモを取るのが得意でした。

言われたことを黙々とメモを取ります。

これはこれで素晴らしいスキルだと思います。


毎週行っている目標設定面談で、メモを思考の整理に繋げる提案をしてみました。

自分の頭にある事を、

一人ブレインストーミングのように書き出してみる提案です。

ロジカルシンキングでお馴染み『赤羽雄二』さんの受け売りですが…


すると、Aさんの行動が日に日に、みるみる変化が現れました。

利用日を増やしたいとの希望が!

施設見学に訪れた方へのプレゼント用『しおり』を作ってきてくれた!

あれはこうしてみたら?こんなことしたら?などの改善提案をしてくれる!

Amazon業務の新たなマニュアルを自宅で作成してきてくれた!

我々スタッフは、Aさんの行動に追い付けません!


そして先日、

ご自身が抱える課題の根源を、自分自身で発見たとの報告!

Aさんは、課題の根源を見つけるために、

ご自身の成育歴を、深掘りされましたのでした。


もはや、一人認知行動療法の完成

課題の根源を探り当て、

その解決方法も自身で見つける事ができる。

素晴らしいノウハウ!


自身がもつ潜在能力を開花させる能力を、

自身で身に付けたという表現が正しいと思います。

他人は、

『成長』や『自立』というのでしょうが、

Aさんご自身がたどった思考の課程・行程を考えると

あまりに上から目線と感じます。


Aさんは今後もドンドン新たなスキルを身に付ける事でしょう!

僕は、たぶん、置いてきぼりくらうな…

がんばろ!

43回の閲覧

最新記事

すべて表示

風景と景色

皆さん今日は! 以前「差別」と「区別」や「熱さ」と「暑さ」等についてここでお話させて頂きましたが、皆さん覚えていらっしゃいますか? 今日又このてのシリーズで、「風景」と「景色」についてお話しできればと思っております。この二つの違いや使い方について私の能力だけでは不十分なので少し調べさせて貰いました。「風景」の意味は、人間が鑑賞の対象にすることが出来るもの全てを含む概念との事。一方、「景色」とは、人

やりたい仕事と出来る仕事について

皆さん今日は! 新型コロナウイルス禍にあって、雇用や雇止めで仕事を失った人は厚生労働省の発表では、7月8日時点で見込みを含めて、11万13人になったとの事。業種別では製造業が2万人を超えて最も多く、小売り業、飲食業、宿泊業がそれぞれ1万人超となった。この様な中にあって、障害のある方の仕事は増々厳しい滋養協であるが、仕事を選ぶ上で、障害のある方が「やりたい仕事」と「出来る仕事」の区別を明確にして貰う