top of page

ブログ

検索
  • 遠藤 一歩

備忘録_伊勢での学び

2023年3月18日㈯、19日㈰と伊勢市の修養団に行ってまいりました。


多くの学びをいただきました。

貴重な機会をいただき、感謝しか出てきません。


せっかくいただいた『学び』が日常に流されないよう、

『学び』を自分の為にこちらに記させてください。


◆まとめ

①お前は、本当は何をしたいのか?

②逃げてはいないか?

③想いを積み上げろ!


◆詳細

①問い: お前は本当は、何をしたいのか?

本当にそれをやりたいのか?

②へ続く


②問い:逃げてはいないか?

逃げる=回避

回避の対義語 ✕:戦い・抗い

〇:受容

理想:全てを素直に受け入れ、心の奥から渇望されるやりたいことに集中

現実:目の前の手っ取り早い問題・課題に低い意欲で取り組む

問題:低パフォーマンス


何故、『目の前の手っ取り早い問題・課題』に目を奪われてしまうのか?

遠藤の答え:私心・自我・エゴを優先してしまう

何故、自分を優先してしまうのか?

遠藤の答え:軽薄な承認を追い求めてしまう

何故、軽薄な承認を求めるのか?

遠藤の答え:承認されている身近な人がうらやましい

何故、身近な人をうらやましいと感じてしまうのか?

遠藤の答え:本来の自分を理解していない

何故、本来の自分を理解しないのか?

遠藤の答え:自分と向き合う事が怖い

何故、自分と向き合う事が怖いのか?

遠藤の答え:本当に足りないコト(=不足)を認めたくないから

何故、認めたくないのか?

遠藤の答え:自分の不足を認めると、何かを失う恐怖がある

何故、恐怖があるのか?

遠藤の答え:固定概念=今までの環境から残る記憶・すりこみによる

固定概念を超えた先に、何が残るのか?

①へ戻る ※①と②のループを繰り返すと良いかな?


③命令:想いを積み上げろ!

人の価値を測る際に、

『何を持っているか?何を成し遂げてきたか?』に注目しがち。

だが、

『どんな想いを積み重ねてきたか?』

を測る世界があるのではないか?


いわゆる『成功者』が口を揃えて言う言葉

『私は運がいいだけ』


『運』とは何か?

自分を応援してくれる人々の助け

人々の助けは何が引き寄せるのか?

『徳』

徳は何をすれば得られる

社会貢献

本質的な社会貢献とは

感謝の念に基づく利他行動

遠藤論

感謝=運




閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page