top of page

ブログ

検索
  • 遠藤 一歩

代表 遠藤の独り言~失敗が怖い?~

凸ゼミ福島 代表の遠藤の独り言


遠藤が

凸ゼミ福島を立ち上げて、利用者さんと接する中で驚くのは、

『失敗』を恐れる方の多さ

です。


どうやら、

『怖い』と考える人

『楽しい』と考える人

に2分類されるように感じます。


遠藤は、

『楽しい』と考える人間です。

その違いを考えてみました。


失敗の『定義』が違うのかな?と考えてみました。


~失敗の定義~

◆『怖い』と考える人

失敗=取り返しがつかない、恐ろしいコト

◆『楽しい』と考える人

失敗=次の改善点を見つけるチャンス


失敗は、誰しもしてしまうコトだと思います。

では、なぜ定義が違うのか?


蓄積してきた経験と、経験から得られた感情?学び?に違いがあるでは?

との仮説が生まれます。

その仮説をより具体性をあげてみます。


~経験~

◆『怖い』と考える人

A:叱られた恐怖

B:改善点を考えず、落ち込んだ


◆『楽しい』と考える人

A:叱られた恐怖

C:改善を考える機会が与えられた

D:改善行動を試す機会・環境があった

E:改善行動をとり、失敗が成功に変わった


Aは怖い人、楽しむ人同様。

違いは、BとCです。


Aで終わるか?

C→D→Eと次につなげていくか?

の違いと言えるのではないでしょうか?


凸ゼミの存在意義は、Cの機会提供と同義ではないか?

と考えます。


失敗をはだれしもおかします。


失敗をした時に、

『次にどうするれば、上手くいくだろうか?』

を考える機会を設ければ、

次の挑戦が生まれるのではないか、と考えます。


失敗の要因を要素分解し、


その要素を、

改善できるモノなのか?

改善出来ないモノか?

に分類、


改善できそうなモノについての

改善策を考え、


改善策を取り組む


改善策が上手くいったのか?

改善策が上手くいかなかったのか?

要素分解してみる


の繰り返し


を経験し、

習慣化するコトで、失敗を恐れなくなるのではないか

と考えます。


失敗を恐れる必要が無くなった人は、

行動量が増えます。


どうやって、

改善を考える機会

を提供するか?


コレが、凸ゼミ福島の役割なのだろう

と考えます。


まだまだ、鍛錬が必要なようです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

bottom of page