top of page

ブログ

検索
  • 遠藤 一歩

代表遠藤のスタッフ自慢_#1

突然ですが、でこゼミのスタッフ自慢をさせてください。


N越M家さん。

御年79歳で、現役バリバリ。

zoomやら、googlespreadsheetsやらを使いこなしています。


2019年のでこゼミ開所以来、唯一の生き残りスタッフです。

遠藤のわがままによくぞ耐えていらっしゃるなぁと、

改めて感謝です。


N越さんの魅力は、何と言っても

『実直さ』。

言動に全く裏表がありません。

私は正直、『こんな大人になりたいなぁ』と、目標にしております。


お人柄の良さは、

昼休みのまったり時間に、N越さんの周りに集まる人数で一目瞭然。

N越さんの周りでは、いわゆる世間話が絶えません。

時々発せられる、大爆笑『おやじギャグ』もまた魅力の一つ!


でこゼミをご見学にいらした方々から、

『メッチャ元気なおじいちゃんがいて、ビックリした』

との有難いご評価をいただくことも多々。


それもそのはず、

趣味は『筋トレ』

好きな食べ物は『寿司』と『ステーキ』と、元気そのもの。


元気で、実直、

でこゼミのマスコット的な存在です。


生意気を申して、失礼いたしました。


優秀なスタッフのおかげで、凸ゼミ福島は成り立っています。

感謝しかありません。

し、遠藤のわがままにお付き合いいただいて、有難い限りです。

今後ともどうぞよろしくお願いします。


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

bottom of page