凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • 新人ピアサポーター

人生がいい方向に進みだすスパイラル!!

結論から申し上げると、


まずは『睡眠と生活リズム』が一番大事です!!!!


①きちんとした睡眠と生活リズムが作れないと・・・

②思考がネガティブになっていく

③気分が不安定になっていく

④自己肯定感が下がっていく

⑤行動力が下がっていく

⑥引きこもりがちになっていく


の負のスパイラルに陥ってしまうのです。

気分は不安定で傷つきやすくなり、落ち込みやすくなる。自己肯定感も行動力も下がれば何もかもが上手くいかなくなるでしょう。



では!良質な睡眠と生活リズムを整えるとどうなるでしょう?


1.良質な睡眠と生活リズムを整えると・・・


2.思考がポジティブになっていく


3.気分が安定してくる


4.自己肯定感が上がっていく


5.行動力が上がっていく


6.人生がいい方向に向かっていく


のように、睡眠と生活リズムをがっちり整わせることで、人生が少しずつ良い方向へと向かっていきます。



少し認知療法のお話をしましょう。

認知療法とは、ざっくり言えば、何か良くない出来事が起こった時に、いつもだったら悲観的にとらえてしまっていた思考を、無意識レベルでプラス思考にとらえることができるように訓練する方法です。


上のスパイラルで言えば、②、③にアプローチする療法です。

私自身も週に一回講習を受けていますが、とても有用な治療法だと感じています。


しかし、いくら素晴らしいカウンセラーのもとで認知療法を学んだとしても、肝心の良質な睡眠と生活リズムが安定していなければ、効果も少ないでしょう。



よって結論は、人生をいい方向に進めて行きたいのであれば、まずは、


『良質な睡眠』と『生活リズムを整える』


ことにエネルギーを注ぎましょう。


睡眠に関しては主治医としっかり話し合う、

生活リズムに関しては、「精神科デイケア」に通ったり、「就労移行支援事業所」や「就労継続支援事業所A型B型」に通うなどして半ば強制的にリズムを固めていきましょう。福祉資源を積極的に利用しましょう。


良質な睡眠も生活リズムを、一人の力で改善するのは並大抵のことではないので。

ではまた次の記事でお会いしましょう!!

12回の閲覧

最新記事

すべて表示

やりたい仕事と出来る仕事について

皆さん今日は! 新型コロナウイルス禍にあって、雇用や雇止めで仕事を失った人は厚生労働省の発表では、7月8日時点で見込みを含めて、11万13人になったとの事。業種別では製造業が2万人を超えて最も多く、小売り業、飲食業、宿泊業がそれぞれ1万人超となった。この様な中にあって、障害のある方の仕事は増々厳しい滋養協であるが、仕事を選ぶ上で、障害のある方が「やりたい仕事」と「出来る仕事」の区別を明確にして貰う