top of page

ブログ

検索
  • 遠藤 一歩

トイレにて我思ふ【遠藤一歩】

トイレを見ると人格がわかる


私は、毎日トイレ清掃をします。

スタッフ・利用者さんに

きれいなトイレを使ってほしいので。

あさイチでします。


あ、

月・木は管理人さんが清掃してくれるので、

正確には、

火・水・金・第2、第4土曜日だけですね。


昨日から、今朝の掃除まで

男子用便器と床にたばこの灰が落ちていました。


誰なのかと犯人捜しをするのは、

生産性が低いので、興味がありません。


でも、

犯人像を想像してみました。


男性便器に落ちているので、

おそらく男性。


床に灰を落とし、

便器にも灰を落とす。


2回、

灰を落としたということは、

タバコが燃える速度を考えると、

2~3分ほどの時間、

男性用便器に立っていた。


尿の量が多い方なのだろう。

恐らく、

腎臓の機能が衰えた

高齢の方なのだろう。


高齢で、腎臓機能が衰えているから、

身体の自由がきかないのかな?


隣のテナントの

高齢者専用の雀荘のお客様なのかな?

ココに来ることを楽しみに

身体がきかないのをおして、

いらっしゃったのかな?


雀荘には4室もトイレがあるけど、

全部埋まっていたのかな?


等々、

考えていたら、

イライラが消えるかな?

と思いました。


が、

やっぱり

イライラは消えません!


見つけたら、

『てめぇっ!拾えぇぇぇっ!』て言っちゃいそう。


まだまだ

未熟です。


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

bottom of page