検索
  • 遠藤 一歩

トイレにて我思ふ【遠藤一歩】

トイレを見ると人格がわかる


私は、毎日トイレ清掃をします。

スタッフ・利用者さんに

きれいなトイレを使ってほしいので。

あさイチでします。


あ、

月・木は管理人さんが清掃してくれるので、

正確には、

火・水・金・第2、第4土曜日だけですね。


昨日から、今朝の掃除まで

男子用便器と床にたばこの灰が落ちていました。


誰なのかと犯人捜しをするのは、

生産性が低いので、興味がありません。


でも、

犯人像を想像してみました。


男性便器に落ちているので、

おそらく男性。


床に灰を落とし、

便器にも灰を落とす。


2回、

灰を落としたということは、

タバコが燃える速度を考えると、

2~3分ほどの時間、

男性用便器に立っていた。


尿の量が多い方なのだろう。

恐らく、

腎臓の機能が衰えた

高齢の方なのだろう。


高齢で、腎臓機能が衰えているから、

身体の自由がきかないのかな?


隣のテナントの

高齢者専用の雀荘のお客様なのかな?

ココに来ることを楽しみに

身体がきかないのをおして、

いらっしゃったのかな?


雀荘には4室もトイレがあるけど、

全部埋まっていたのかな?


等々、

考えていたら、

イライラが消えるかな?

と思いました。


が、

やっぱり

イライラは消えません!


見つけたら、

『てめぇっ!拾えぇぇぇっ!』て言っちゃいそう。


まだまだ

未熟です。


11回の閲覧

最新記事

すべて表示

心にゆとりを持とう!

皆さん今日は! 私たちは今コロナ禍の社会で困難に直面している状況下にあります。ともすれば社会に対し不平不満を抱いたり、自暴自棄になることがあります。そのような時「自分の思い」や「自分の立場」から一歩引き下がって、「心にゆとり」を持とうではありませんか?先月末頃ここで述べたことがあると思いますが、少しでも精神疾患に罹らないようにするためにも!