凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • 遠藤 一歩

テレワーク実態調査から

結論:労働環境が変化していると推察できる。


コロナ終息後の、

労働 / 雇用環境は少なからず変化していく。


変化への準備・対応の必要性を感じた。


◆テレワークの実施状況

実施 :13.2%

未実施:86.8%


◆テレワークに関する企業の方針

命令・推奨:22.1%

今まで通り:77.9%


◆時差出勤に関する企業の方針

命令・推奨:29.4%

今まで通り:64.9%


◆まとめ

テレワークが一般化すると

成果物・納品物による社員評価が進むといわれている。

プロセスや努力といった従来の評価軸は無価値となるであろう。


コロナ騒動のなかで一気に進みつつあるテレワーク。 成果主義がより一層進んでいく中で、

障がいを持つ方々の進むべき道を

模索していく必要性が高まっている。

データ:株式会社パーソル総合研究所による正社員2万人規模調査による

出展:@DIME HPより


画像:@DIME HPより転載

https://dime.jp/genre/885362/


27回の閲覧

最新記事

すべて表示

風景と景色

皆さん今日は! 以前「差別」と「区別」や「熱さ」と「暑さ」等についてここでお話させて頂きましたが、皆さん覚えていらっしゃいますか? 今日又このてのシリーズで、「風景」と「景色」についてお話しできればと思っております。この二つの違いや使い方について私の能力だけでは不十分なので少し調べさせて貰いました。「風景」の意味は、人間が鑑賞の対象にすることが出来るもの全てを含む概念との事。一方、「景色」とは、人

やりたい仕事と出来る仕事について

皆さん今日は! 新型コロナウイルス禍にあって、雇用や雇止めで仕事を失った人は厚生労働省の発表では、7月8日時点で見込みを含めて、11万13人になったとの事。業種別では製造業が2万人を超えて最も多く、小売り業、飲食業、宿泊業がそれぞれ1万人超となった。この様な中にあって、障害のある方の仕事は増々厳しい滋養協であるが、仕事を選ぶ上で、障害のある方が「やりたい仕事」と「出来る仕事」の区別を明確にして貰う