検索
  • 遠藤 一歩

テレワーク実態調査から

結論:労働環境が変化していると推察できる。


コロナ終息後の、

労働 / 雇用環境は少なからず変化していく。


変化への準備・対応の必要性を感じた。


◆テレワークの実施状況

実施 :13.2%

未実施:86.8%


◆テレワークに関する企業の方針

命令・推奨:22.1%

今まで通り:77.9%


◆時差出勤に関する企業の方針

命令・推奨:29.4%

今まで通り:64.9%


◆まとめ

テレワークが一般化すると

成果物・納品物による社員評価が進むといわれている。

プロセスや努力といった従来の評価軸は無価値となるであろう。


コロナ騒動のなかで一気に進みつつあるテレワーク。 成果主義がより一層進んでいく中で、

障がいを持つ方々の進むべき道を

模索していく必要性が高まっている。

データ:株式会社パーソル総合研究所による正社員2万人規模調査による

出展:@DIME HPより


画像:@DIME HPより転載

https://dime.jp/genre/885362/


23回の閲覧

最新記事

すべて表示

言葉は万能の道具(言霊)

皆さん今日は! 最近若い方が誹謗中傷を受け自殺されている方が目立つように感じます。昔から誹謗中傷はありましたが、今日のようにSNSではなく、ご近所内もしくは部落内で収まっていましたが、今は全国、全世界と瞬く間に、悪意があっても無かっても広がっていきます。その結果、誰かが傷ついたり、自殺に追い込まれたりする人が出てきます。言葉は誰もが使うことができる万能の道具、言霊と思い大切にしたいものです。皆さん