top of page

ブログ

検索
  • 遠藤 一歩

テレワーク実態調査から

結論:労働環境が変化していると推察できる。


コロナ終息後の、

労働 / 雇用環境は少なからず変化していく。


変化への準備・対応の必要性を感じた。


◆テレワークの実施状況

実施 :13.2%

未実施:86.8%


◆テレワークに関する企業の方針

命令・推奨:22.1%

今まで通り:77.9%


◆時差出勤に関する企業の方針

命令・推奨:29.4%

今まで通り:64.9%


◆まとめ

テレワークが一般化すると

成果物・納品物による社員評価が進むといわれている。

プロセスや努力といった従来の評価軸は無価値となるであろう。


コロナ騒動のなかで一気に進みつつあるテレワーク。 成果主義がより一層進んでいく中で、

障がいを持つ方々の進むべき道を

模索していく必要性が高まっている。

データ:株式会社パーソル総合研究所による正社員2万人規模調査による

出展:@DIME HPより


画像:@DIME HPより転載

https://dime.jp/genre/885362/


閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

脳について_5/5:ポジティブ脳の創り方2

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか?と考えましたので、まとめてみました。 第5弾、最終講です。 ポジティブな言葉や行動を繰り返すことで、落ち込んだ感情を持っている人にも非常に効果的な影響を与えることができるかもしれません。 このアプローチは、 ポジティブ心理学や 認知行動療法(CBT)などの心理療法に通じるとも考えられます。 ◆ポジティブな言葉と行動の効果 1

脳について_4/5:ポジティブ脳の創り方

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか? と考え、まとめてみました。 第4弾です。 ◆結論 ポジティブな言葉を繰り返し脳に入れる。他人の言葉でも、自分の言葉でもヨシ! ポジティブな言葉を繰り返し脳に入れ、ポジティブな意思決定や行動を繰り返すことで、偏桃体がポジティブな感情反応を引き起こしやすくなるということは十分に考えられます。 これには以下のようなメカニズムが関

脳について_3/5:脳機能から考える習慣づけ

脳の構造を知ることで、感情コントロールや行動変容が容易になるのではないか? と考えたので、まとめました。 第3弾目です。 習慣づけに関して、 他者からの言葉がどのように習慣に影響を与えるか? それに大きく関連する大脳基底核とは何か? について説明します。 ◆大脳基底核の役割 大脳基底核(だいのうきていかく)は、運動の制御や認知機能、感情の処理、そして習慣の形成に関与する脳の深部に位置する一連の構造

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page