凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • 遠藤 一歩

アフターコロナを考える【遠藤一歩】

コロナ騒動を通じて、

ビジネス上で大きく短期間で変化したのは、ビデオ会議アプリの浸透です。


テレワーク実施率は、色々な調査をみるかぎり、だいたい20%の導入率。

ビデオ会議アプリzoomは、世界のユーザーが3億人。一気に浸透しました。


今後この傾向は進んでいくものと思われ、

変化が起きると考えます。


人と人が会う機会は、減少します。

ので、交通量も減少します。


会議資料もPCモニタ上で共有できますので、

印刷・コピーの量も減少します。


会議を録画することで、録画を後で確認できるので、

その場で、その時に居合わせる必要が減り、

出席人数が必要最低限で済みます。

トップミーティングや管理職会議なども

担当クラスが確認できることも増えるでしょう。


B TO Bの商談もzoomで行われ、

録画データがエビデンスとなり、共有されます。


会議や商談を録画データに残し、

後で確認しやすくするために、

トピックス毎にチャプター化する作業が増えるでしょう。


プログラミング

WEBデザイン

分野での人員不足が叫ばれていますが、

今後は、

動画編集・動画加工のスキルが求められる機会も

増えるのではないかと推察しております。



57回の閲覧

最新記事

すべて表示

風景と景色

皆さん今日は! 以前「差別」と「区別」や「熱さ」と「暑さ」等についてここでお話させて頂きましたが、皆さん覚えていらっしゃいますか? 今日又このてのシリーズで、「風景」と「景色」についてお話しできればと思っております。この二つの違いや使い方について私の能力だけでは不十分なので少し調べさせて貰いました。「風景」の意味は、人間が鑑賞の対象にすることが出来るもの全てを含む概念との事。一方、「景色」とは、人

やりたい仕事と出来る仕事について

皆さん今日は! 新型コロナウイルス禍にあって、雇用や雇止めで仕事を失った人は厚生労働省の発表では、7月8日時点で見込みを含めて、11万13人になったとの事。業種別では製造業が2万人を超えて最も多く、小売り業、飲食業、宿泊業がそれぞれ1万人超となった。この様な中にあって、障害のある方の仕事は増々厳しい滋養協であるが、仕事を選ぶ上で、障害のある方が「やりたい仕事」と「出来る仕事」の区別を明確にして貰う