top of page

ブログ

検索
  • ピアサポーター

やりがいについて#005 (982words)

#005 貢献と期待




ずっと目標としていたアパレル業界には入ったけど、

希望職種には就けなかった




2008年9月に起きたリーマンショックの翌年2009年4月、ようやくアパレル業界で働くことになりました。




しかし、当時はとても複雑な気持ちでした。




大学を卒業した後に、内定をいただいていた会社を直前で辞退までして、デザイナーになるためにわざわざ3年間も夜間の服飾専門学校に、しかも新聞配達奨学生をしながら通ったのに結局は営業職、




なんのために3年間服作りの勉強したんだろう。




大卒のときの会社で働いてりゃよかったじゃん。




とはいえ、世の中はリーマンショックで大不況。




多くの会社で『ワーキングシェアという働き方(少ない仕事をみんなで分け合う働き方。週休3日の会社も結構あった)が取り入れられていた時代。




行きたい業界に行けただけでもまだマシっていう気持ち。




あの年の卒業生はアパレルに就職できずフリーターになる人もたくさんいました。




実際に働き出してみてとにかくまず最初に感じたのは、




世の中不況なんだな・・・」ってことですね。




リーマンショック以来赤字を抜け出せておらず、営業部や会議ではではとにかく『赤字赤字』の言葉が飛び交っていました。




加えて、ワーキングシェアが導入されて、週休3日の週もあり、入社した年はボーナスもありませんでした。




当時(2000年∼2010年頃まで)の洋服の主な生産拠点はまだ中国。

(のちに東南アジア、バングラディシュへ)




国内生産していたデザイナーズブランドも生産拠点をどんどん中国に移しました。




日本トップ級のブランドも全てではないにせよ【made in china】の服を出し始めました。




国内生産の高級ブランドを中心に仕事をしていた会社だったので、仕事はより安い海外へどんどん持っていかれる苦しい状況でした。




『早く一人前の営業マンになって会社の売り上げに貢献したい!と思うようになっていきましたね。自然と。




デザイナーはとりあえず忘れて営業の仕事に集中しました。




早く仕事を覚えて会社に貢献したい、そんな気持ちがやりがいに繋がっていきましたね




赤字続きの苦しいときに雇ってくれたということに恩返ししたいという気持ちもありました。




それなりに期待もされていたのかな、と思います。




貢献したい」「期待される」という気持ちは『やりがい』につながるということですね。





閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。 凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。 当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。 言い切ります。 そして、お恥かしい話ですが、 デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。 凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。 他のスタッフと給与形態は同じ。 短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。 配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッ

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

bottom of page