凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • 新人ピアサポーター

あの日、わたしは。2011.3.11【前編】

みなさんこんばんは。




まず初めに、先の震災で失われた命に追悼の意を表します。




2011年3月11日、あの日からちょうど10年の歳月が流れましたね。




時の流れは何と早いことか、ただただ驚くばかりです。




10年経って、改めてあの日のことを振り返って、色々なことを思い出しました。




あの日私は東京にいました。




ちょうど営業の合間に会社に戻りパソコンで作業していました。私以外の営業マンはみな外に出ており、営業部内は閑散としておりました。




午後2時46分頃




個人の携帯、会社の携帯の緊急地震速報がいっせいに鳴り出しました。




速報とほぼ同時くらいに、震度4くらい?首都圏としては割と大きめの揺れが始まりました。会社にいた社員も東京では珍しい大きめの地震に少し動揺していました。




そのとき私は、




これが初期微動だとしたらヤバいな




なんてちょっと不吉なことが頭をよぎりました。




その瞬間、今までの人生では経験したことのない大きな揺れが起こりました。




ロッカーはすべて横倒しになり、デスクの書類など色々なものが床に散乱し、TV番組の自信シミュレーションVTRなどでしか見たことのない状況になっていました。




福島市がわりと宮城県沖の近くに位置していることもあり、ときどき震度5弱程度の揺れは経験していましたが、ここまでの地震は私の人生で一番大きな地震でした。




そして私はこう思いました。




初期微動けっこう長かったよな、てことはもしかして震源は首都圏じゃない!?




そうこうしているうちに長い揺れはおさまり、社員全員が外に避難し、近所の会社の社員も近隣住民も皆、外に出てきていました。道路の車もすべて止まって車道横に停車しており街がガヤガヤしていました




まさか東北震源じゃないよな・・・




そんな嫌な予感を抱きながら情報を待ちました。




最初の情報は、路上の誰かがスマホのTwitterから得たものだったと記憶しています。




震源は東北らしい!!東北は震度7らしい!!』路上の誰かが叫びました。




心臓がドキッ!!!としました。




街中がガヤガヤしだしました。




そうこうしている間に、先ほどと同じくらいの揺れがまた起きました。そして、路上に出ていた多くの人が悲鳴をあげだしました。




2度目の揺れがおさまってしばらくしてから、会社に戻り片づけられるところを片付け始めました。




幸い、東京は電気もガスも水道も大丈夫だったため、片づけ作業をしながらTVの情報にかじりついていました。




すべてのキー局が番組をすべて変更して地震関連のニュースを流し始めました。

(テレビ東京以外。あ、テレ東はキー局ではありませんね)




東京都心震度5強!!』『岩手、宮城、福島、震度7!!!




5強であれだけ揺れたのに7ってどんだけだよ!?




「地元の友達、そして家族は大丈夫なのか!?!?」




電話もまったく通じず、そんな思いに打ちひしがれていました。




当時はスマホ保有者もそんなに多くなく、LINEなどのSNSもあまり浸透していませんでした。




そんな中で、東北地方とその周辺に、




大津波警報発令!!




日本の太平洋沿岸すべてに大津波警報、津波警報、津波注意報が発令されていたと記憶しています。




しかし、津波で大きな被害を経験したことのない私にとって、津波があんなに大きな被害をもたらすとは思っても見ませんでした。




巨大地震は時々テレビでシミュレーション動画とかが放送されるので何となく想像できましたが、津波はそういった人工的に作った動画さえ見たことがなかったのでイメージがまったく追いつきませんでした。




完全に津波を甘く見ていました。




津波に飲み込まれていく街をテレビで見ながら、皆、言葉を発することも出来ずに茫然自失で立ち尽くしていました。




中にはあまりにも残酷な映像に気分が悪くなってしまう同僚もおりました。




そして夜が近づき、首都圏では帰宅困難問題が発生していました。

画像参照:朝日新聞デジタル



JR、私鉄、すべてが安全確認の点検中、タクシー、バスには長蛇の列で何時間待ちかさえ分からない状態、しかも主要道路は大渋滞。

画像参照:朝日新聞デジタル



会社周辺に住む人が歩いて帰れるくらいでした。




しかし、夜が進むにつれて、私鉄を中心に一部復旧する路線も現れ、帰れる人も増えていきました。




私が乗るJR中央線は終日運休が決まったので会社に泊まることとなりました。




他にも液状化現象が起きた千葉に住む先輩も電車の運休で帰れなくなり、会社に泊まることとなりました。




ただただテレビの中継に目を奪われ続け、その日は使わなくなった生地にくるまって寝ました。薬を携帯していなかったので睡眠薬がなく、ほとんど眠れませんでした。




幸い、JR中央線は、朝の始発から運転再開となったため、12日の午前中には家に帰ることができました。




部屋がどれくらいぐちゃぐちゃになっているのかを心配していたのですが、なんと、まったく変化なしでした・・・




私の住んでいた国分寺市は震度5弱、5強と5弱ではこうも違うのかと驚かされました。




そして電話は以前通じないまま。




∼後編へつづく∼




画像参照:朝日新聞デジタル

26回の閲覧

最新記事

すべて表示

風景と景色

皆さん今日は! 以前「差別」と「区別」や「熱さ」と「暑さ」等についてここでお話させて頂きましたが、皆さん覚えていらっしゃいますか? 今日又このてのシリーズで、「風景」と「景色」についてお話しできればと思っております。この二つの違いや使い方について私の能力だけでは不十分なので少し調べさせて貰いました。「風景」の意味は、人間が鑑賞の対象にすることが出来るもの全てを含む概念との事。一方、「景色」とは、人

やりたい仕事と出来る仕事について

皆さん今日は! 新型コロナウイルス禍にあって、雇用や雇止めで仕事を失った人は厚生労働省の発表では、7月8日時点で見込みを含めて、11万13人になったとの事。業種別では製造業が2万人を超えて最も多く、小売り業、飲食業、宿泊業がそれぞれ1万人超となった。この様な中にあって、障害のある方の仕事は増々厳しい滋養協であるが、仕事を選ぶ上で、障害のある方が「やりたい仕事」と「出来る仕事」の区別を明確にして貰う