top of page

ブログ

検索
  • 遠藤 一歩

【考察】Foo Fightersから考える親亡き後の理想形

親亡き後の理想形を、動画から見出しました。

親は何をすればいいのか?


結論:楽しく生きる


まずは是非、こちらの動画をご確認ください。


◆URL_ Foo Fighters ft. Shane Hawkins Perform "My Hero"


アメリカのロックバンド_Foo Fighters のドラマー 

テイラー ホーキンスさんが2023年3月に急逝されました。


テイラーさんは、人気のあるミュージシャンでした。音楽的な才能に加えてパワフルさな演奏が持ち味でした。また、楽しそうに演奏する姿は、私も観ていて楽しい気分になれましたし、大好きな音楽家でした。


その息子さん 

シェーン ホーキンスさん(16歳)が

2023年10月のFoo Fightersのライブで、亡父の代役として演奏。

父親譲りのパワフルな演奏は、世界中で多くの方を感動を与えてくれました。


演奏のみならず、

バンドメンバーがシェーンを気遣う姿、

観客から起きる大合唱、

親子が一緒に写る映像/演出、

その場にいる全員がシェーンを応援し、

かつ演奏を楽しむ

そんな素敵な空気感が伝わってくる素晴らしい動画です。


その曲目は『My Hero』!


その歌詞から、『Hero=父親』の構図が浮かんできてしまい、

かつ、ミドルテンポのドラムから始まる壮大な曲のスタートは、

何度観ても、涙があふれてきてしまいます。


本動画は、2023年7月での再生数は3000万回に迫る勢いです。



ここで


私は

何故、この動画で、こんなに泣いてしまうのか?


考え始めて数週間、やっと答えが見つかりました。



◆答え

自分が亡き後の『息子』が、周囲から応援されている姿を投影しているから



息子が父親の後を追いかけ

親しい者

周囲の者

など、多くの方々がその背中を後押しし、応援する

そんな光景は、

あまりに美しく、理想的です。


自分の息子も、周囲から応援される

そんな人間になって欲しい!


そして、多くの父親は

子どもにとってのHeroでありたい!



テイラー=ホーキンス の死因はいまだに明かされていません。

ツアー中のホテルの一室での急逝。


ミュージシャンによくある

薬物の過剰摂取では?などといううわさもチラホラ。


息子 シェーン=ホーキンス の演奏はパワフルで、

観る者をグッと惹きつけます。


ただ、

何度も何度も、観ていると、なんとなく彼の感情が伝わってきます。


父親が急にいなくなった

驚き

不安

憤り

怒り といった負の感情。



その抱いてしまった負の感情は、

16歳の少年にとって、

あまりに自然発生的で、

あまりに大きく、

あまりに重いコトでしょう!



16歳の男性が抱くそんな負の感情/抱えきれない感情を、

『素直』に

ドラムに叩きつける姿


そんな

『素直』さが

観る者を惹きつけるのだ、と考えます。


自分の息子もそうなって欲しい!

『素直』であって欲しい


そうするには、

親として何をすればよいのか?

いや、

親はどうあるべきか?


はじめの結論に戻ります。

結論:楽しく生きる


親が自身が

『素直』に『等身大』の自分を受け止め

楽しく生きる

見本となる。

それ以外に、何があるのか?


テイラー=ホーキンスは、

少し享楽的に感じる部分もありましたが、

楽しそうに演奏していました。

楽しさを素直に表現していました。


そんな父親の姿を追いかけていた

息子 シェーン=ホーキンス


よい親子関係だなぁ

そんな考えに至りました。



♪My Hero♪の一節

There goes my hero

Watch him as he goes

There goes my hero

He's ordinary


♪遠藤訳♪

ヒーローはいる

彼の道のりを見守ろうぜ!

ヒーローはいる

ヒーローって、実は、その辺によくいる普通の人なんだぜ!


彼らは、

2023年7月29日㈯_フジロックフェスティバル で久しぶりの来日、演奏をする予定。

行けないのが残念です。


父親=Hero

となるべく、精進します。




閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント

5つ星のうち0と評価されています。
まだ評価がありません

評価を追加
bottom of page