凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • 遠藤 一歩

【考察】ポジティブ思考の作り方

更新日:2019年8月7日

YOUTUBE  モチベーション博士 『ポジティブ思考の作り方』からの引用


ポジティブ思考は簡単。


方法は二つ

①自己肯定感を上げる

②ゲーム感覚


【説明】

①自己肯定感を上げる方法について

・感情をコントロールすることをあきらめる!

 →感情は、反射的に起きるものなので、人間にはコントロールはできない

    例:苦しい時に、苦しいと感じた。

      コントロール :苦しいことを、我慢できない自分はなんてダメな人間なんだ…

     NOコントロール:苦しい。と認める、理解する。

 →反射:刺激に対して、脊髄が判断して身体を動かすこと=脳まで刺激が伝わっていない


・感情ではなく、思考をコントロールする

 →コントロールできないモノを、コントロールしようとしても無駄。

  感情を受け入れて、対処をする。

    例:苦しい時

     思考をコントロールしない:苦しいのは嫌なので、行動が消極的

     思考をコントロールする :苦しさを受け入れて、行動が積極的


②ゲーム感覚

・感情を受け入れると、物事を冷静に受け入れることができる。

 例:人前でプレゼンする機会がある。あがり症で以前に失敗したことがある。

    →感情:いやだなぁ

     通常:また、失敗したらどうしよう?

  ゲーム感覚:嫌だけど、今回は、どれぐらいできるか、練習と思って挑戦してみよう!


【結論】

・コントロールできないものはあきらめて受け入れる

・コントロールすべきなのは、思考

・ゲーム感覚とは、ポジティブな面を探してみる思考法=ポジティブ思考


【参照】

モチベーション博士 ポジティブ思考の作り方

https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E6%80%9D%E8%80%83%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95

閲覧数:41回

最新記事

すべて表示

皆さん今日は! 現代は情報化社会と云われていますことは皆さんご承知のことと存じます。 しかし、障害者と健常者との情報格差は依然とあります。今は障害者が日常生活や災害時に必要な情報を健常者と同じ様に得ることは難しい状況です。これを、健常者と同じ様に情報を得られるよう支援し、格差の解消を目指す法案が、過日の某新聞に記載されておりました。簡単にこの法案のポイントを記述しておきます。 ・情報伝達機器開発