凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • 遠藤 一歩

【考察】アマゾン自社物流

更新日:2019年7月19日

2019年6月1日から、アマゾンの自社物流構築の仕組み作りが始まった。

仕組みが画期的・革新的と感じたので、整理してみる。


【WEBページ】

https://flex.amazon.co.jp/


【目的(推察)】

・自社物流の構築

・新しい価値の創造:雇用システム・インフラ活用


【対象者】

・トラックを自己所有している方

・2019年6月1~30日迄にアプリAmazon FleXをダウンロードした方


【対象地】

・東京都大田区

・愛知県


【報酬】

・2時間を1ブロックとして、1時間当たりの報酬

大田区:4,000円

愛知県:3,750円


【利用方法】

・アプリをダウンロード

・アプリ内でスケジュールを事前登録

・登録したブロックで配達業務

・週払いで報酬受け取り

大田区の例

5ブロック=10時間=20,000円≒1日

5日×20,000円=10万円

4.3週間×10万円=43万円


【メリット】

・顧客:アプリ内で荷物管理kが可能

・個人事業主:空いた時間の有効利用

・アマゾン:インフラ整備コスト・リスクの軽減

      アプリ内での荷物・位置管理

      世界に、新たな企業価値を提供できる


【通常の自社物流】

・土地の確保

・物流倉庫の確保

・トラックの確保

・人材の確保

・人材管理

・発送作業


【Amazonの自社物流】

・既存インフラの活用

・アプリの開発

・アプリの運用、管理

閲覧数:22回

最新記事

すべて表示

皆さん今日は! 現代は情報化社会と云われていますことは皆さんご承知のことと存じます。 しかし、障害者と健常者との情報格差は依然とあります。今は障害者が日常生活や災害時に必要な情報を健常者と同じ様に得ることは難しい状況です。これを、健常者と同じ様に情報を得られるよう支援し、格差の解消を目指す法案が、過日の某新聞に記載されておりました。簡単にこの法案のポイントを記述しておきます。 ・情報伝達機器開発