凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • 遠藤 一歩

【考察】アマゾン自社物流

最終更新: 2019年7月19日

2019年6月1日から、アマゾンの自社物流構築の仕組み作りが始まった。

仕組みが画期的・革新的と感じたので、整理してみる。


【WEBページ】

https://flex.amazon.co.jp/


【目的(推察)】

・自社物流の構築

・新しい価値の創造:雇用システム・インフラ活用


【対象者】

・トラックを自己所有している方

・2019年6月1~30日迄にアプリAmazon FleXをダウンロードした方


【対象地】

・東京都大田区

・愛知県


【報酬】

・2時間を1ブロックとして、1時間当たりの報酬

大田区:4,000円

愛知県:3,750円


【利用方法】

・アプリをダウンロード

・アプリ内でスケジュールを事前登録

・登録したブロックで配達業務

・週払いで報酬受け取り

大田区の例

5ブロック=10時間=20,000円≒1日

5日×20,000円=10万円

4.3週間×10万円=43万円


【メリット】

・顧客:アプリ内で荷物管理kが可能

・個人事業主:空いた時間の有効利用

・アマゾン:インフラ整備コスト・リスクの軽減

      アプリ内での荷物・位置管理

      世界に、新たな企業価値を提供できる


【通常の自社物流】

・土地の確保

・物流倉庫の確保

・トラックの確保

・人材の確保

・人材管理

・発送作業


【Amazonの自社物流】

・既存インフラの活用

・アプリの開発

・アプリの運用、管理

20回の閲覧

最新記事

すべて表示

やりたい仕事と出来る仕事について

皆さん今日は! 新型コロナウイルス禍にあって、雇用や雇止めで仕事を失った人は厚生労働省の発表では、7月8日時点で見込みを含めて、11万13人になったとの事。業種別では製造業が2万人を超えて最も多く、小売り業、飲食業、宿泊業がそれぞれ1万人超となった。この様な中にあって、障害のある方の仕事は増々厳しい滋養協であるが、仕事を選ぶ上で、障害のある方が「やりたい仕事」と「出来る仕事」の区別を明確にして貰う