凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • 遠藤 一歩

【考察】アマゾン自社物流

最終更新: 2019年7月19日

2019年6月1日から、アマゾンの自社物流構築の仕組み作りが始まった。

仕組みが画期的・革新的と感じたので、整理してみる。


【WEBページ】

https://flex.amazon.co.jp/


【目的(推察)】

・自社物流の構築

・新しい価値の創造:雇用システム・インフラ活用


【対象者】

・トラックを自己所有している方

・2019年6月1~30日迄にアプリAmazon FleXをダウンロードした方


【対象地】

・東京都大田区

・愛知県


【報酬】

・2時間を1ブロックとして、1時間当たりの報酬

大田区:4,000円

愛知県:3,750円


【利用方法】

・アプリをダウンロード

・アプリ内でスケジュールを事前登録

・登録したブロックで配達業務

・週払いで報酬受け取り

大田区の例

5ブロック=10時間=20,000円≒1日

5日×20,000円=10万円

4.3週間×10万円=43万円


【メリット】

・顧客:アプリ内で荷物管理kが可能

・個人事業主:空いた時間の有効利用

・アマゾン:インフラ整備コスト・リスクの軽減

      アプリ内での荷物・位置管理

      世界に、新たな企業価値を提供できる


【通常の自社物流】

・土地の確保

・物流倉庫の確保

・トラックの確保

・人材の確保

・人材管理

・発送作業


【Amazonの自社物流】

・既存インフラの活用

・アプリの開発

・アプリの運用、管理

19回の閲覧

最新記事

すべて表示

コロナ禍でテレワーク実施に地域差

皆さん今日は!今世の中は新型コロナウイルス禍で、テレワーク人口が急激に増加しているようです。テレワークをしている人の割合は都道府県で差があり、トップは東京の45、8% とのことです。全国平均では24、7%で、最も低いのは和歌山県の3、5%で、規模が大きい企業ほど実施しており、以前見た新聞記事によりますと中小企業と最大3、4倍の開きがあったとの事。尚、パーソル総合研究所の調査データによりますと、福島

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
こちらのアイコンをクリックして下さい
Twitter: 凸ゼミ福島公式アカウント。講演や座談会、各種イベントの告知をしています。
YouTube: 利用者さんが中心となり企画から撮影・編集を行いアップしています。
Facebook: イベント等の告知をしています。
Instagram: イベントの告知や事業所内の風景をアップしています。
TEL 024-572-6310

©2019 by 凸. Proudly created with Wix.com