top of page

ブログ

検索
  • 遠藤 一歩

【暴露】陰口から学ぶ_障がい者雇用

代表の遠藤です。

凸ゼミ福島では、障害者雇用をしています。


当事者の長期就労のポイントは『自尊心』です。

言い切ります。


そして、お恥かしい話ですが、

デリカシーの足りない私は、そこへの配慮が上手ではありません。


凸ゼミ福島のスタッフの一部は、障がい当事者です。


他のスタッフと給与形態は同じ。


短時間就労からはじめて、慣れてきたら時間を増やしていく。

配慮事項を配慮し、役割分担を区別し、他のスタッフ同様に就労します。

ある程度の自由度と、裁量を持っていただいています。


それは、

よくある業務が限定的な『ザ・障害者雇用』ではない働き方。


適切な配慮のもと、

自分で得意なコトを中心に業務を組みたて、締め切りを守り、イキイキと働く

そんな理想を掲げていました。


一緒にヤロウゼ!という姿勢

インクルーシブな風土醸成と組織運営を社会に先んじて実践したい

障がい者雇用はコストなんかじゃない!

との思いがありました。


が、現実は厳しく、長期就労には繋がりません。


2024年2月もまた、残念ですが、お一人退職になってしまいました。

1年9カ月、お疲れ様でした。



過去を振り返りました。

共通するのは、『遠藤一歩の陰口』です。


『クズ』

『無能』

『最低な奴』

『テキトー』

『信用なんかできない』

『精神疾患界隈では有名なダメ人間』

『あんなヤツ、会社経営はおろか、支援なんかすべきではない』

等など、すさまじい言われようです。


そう思われてのご発言なのでしょう。


私の悪口をひろめようと、一生懸命ネガティブキャンペーンをしている方もいるとか。

受け止めざるを得ません。


なぜ、こんなことが起きるのか?

そして、ここからもらえた学びがあります。


考察をします。


ケース①正反対

本来の意図と、正反対のコトが起きたりします。


あるスタッフさんの苦手な作業が見つかりました。


それは、

特性由来のモノで、ご本人にもストレスがかかっている業務にみえました。

充分な話し合いをしたつもりでした。


苦手な業務を避け、別の業務を任せました。

仕事の総量は減っているはず。配慮をしたつもりでした。


はじめは苦しそうでした。


が、

作業に慣れてくると、時間を忘れるぐらい作業に没頭していらっしゃいました。

他の業務をすっ飛ばし、

他のスタッフがコッソリとフォローしてくれてもいました。


数日後、進捗や感想を尋ねたときは

『楽しいです』、『こっちの方が向いてます』とおっしゃっていました。


よし、大成功!と思っていました。

が、それは自惚れでした。


陰口が聞こえてきます。


『どんどん仕事を増やしてくる』

『あいつは何もやってないのに!』


え?


揺さぶれらる感情を横に置き、感想を尋ねます。

『楽しいです』、『こっちの方が向いてます』


一方で

陰口は続いているどころか、激化しているようでした。


ケース②NO_報告

採用面接時の自己アピール、『〇が得意です。』


採用後、慣れてきた様子をみて得意の〇をやってもらう。


すると、低質。


でも、得意なんだよな。

俺の指示が悪かったんだな

と、

修正を依頼。


また、低質。

修正を依頼。


そんなやりとりが何度か続いた。


すると、そのうち

待っても待っても、何の報告も質問も無いまま、時間が過ぎていく。


ん?

私を避けてる?

一言も口をきかず、いつの間にか、時間ピッタリに退社している。


ん?

私がトイレに行ったスキに退社?マジか?


そんな日々が数日。


そして、締め切り前日の朝

『鬱期が来てしまいました。お休みさせてください。』


健康上の理由では、仕方がない。

『どうぞお大事になさってください。』


仕方ないよねぇ、巻き取って仕上げよう。

頼んでいた業務〇のファイルを捜す。


無い!


ん?


連絡するわけにもいかず、私がはじめから作成。

家族のお出かけの予定は、キャンセル。


数日後、鬱期から回復し出社。

〇を見せてもらおうとすると、

ゴニョゴニョ、ゴニョニョゴニョゴニョ


ん?何言っているか、分かんないぞ。


もぉ分かった、〇は俺がやる。

じゃあ、別の業務を頼むよ。


すると、

また、別の業務でも同じ行程、をたどります。


NO_報告

そのうち、サイレント遅刻もします。

始業時間に1~2分遅れて出社。NO_連絡。

ではあるが、

利用者さんの遅刻にはダメ出し。

自分の姿が客観視できていないのか?

マウントを取りたいのか?


当然、私は注意せざるを得ない。


ある日、

クリニックのスタッフさんとお会いした時におっしゃいます。

『仕事が楽しい、天職なんだ』と言っています。


『そうですか、私も助かっています。良かったです。』と答えます。

疑問を持ちながら。


そして、これまた、

私の陰口を言っていると風のうわさが聞こえていました。


私は、心の平静を保つのが困難な状態でした。


ケース③_みんなの前で叱られる

頼んだ業務を、よどみなく報告してくださる方もいらっしゃいます。


スタッフ:遠藤さん、これなんですけどぉ

遠藤:ん?指示と逆じゃね? 笑い


次の日、

スタッフ:遠藤さん、これなんですけどぉ

遠藤:ん?指示と逆じゃね? 笑い


遠藤は指示書を作成。作業行程を文字にしました。

読み合わせをしてからはじめるように指示。


その次の日、

スタッフ:遠藤さん、これなんですけどぉ


遠藤:ん?指示と逆じゃね?

ひょっとして、こういう業務って特性上苦手なんだろうねぇ

いいや、おれがやる!


後日、また陰口が聞こえてきました。

『あの人は、人前で怒る』

『言っていることがコロコロ変わる』


なるほどぉ、そうなるかぁ。


考察:自尊心が傷ついた

ケース①、②、③の共通点、それは『自尊心の傷つき』です。


①は、特性をズバリと指摘した点が

②は、度重なる修正依頼が

③は、特性をまたズバリと指摘した点が


自尊心を傷つけ、強烈な感情を生み、陰口を発生させたと推察できます。


障がい当事者には、『障がい』があります。

目に見えるもの、見えないモノ。


その『障がい』は、人間から自信を奪ってしまいます。


『障がい』があるがゆえに、やりたくてもできない事があります。

それは、本人が望んだ状態ではありません。

かといって、改善する見込みもない。


次の日に目が覚めても『障がい』は存在する。

絶望することもあると思います。


私は、おそらく

無意識に『やりたくてもできない事』を指摘し、

無意識に当事者の自信がない状態の心を、大きく刺激していました。

グリグリを押しつぶしたのかもしれません。


インクルーシブな組織を目指す!

というには、余りに未熟なリーダーです。


実力が無いのに、

手段に固執してしまっていました。

いわゆる『手段の目的化』をグイグイ進めていました。


本来の業務、支援に集中したほうが良いかもしれません。


今は、何が正解なのかは検討もついておりません。

父親としてリーダーとして

自分の『あり方』について再考のタイミングです。

模索します。


お読みいただき、ありがとうございました。

閲覧数:104回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【発達障がい支援】止めたコト/捨てたコト

発達障がい支援をしている中での気づきと、それに伴ってやめたことがあります。 ◆結論:本質 信頼関係が構築されると、人々はリラックスし、自問自答をはじめる。 そして、何をしたいか?を模索し始める ◆気づき 特性は継続する 好きなコト以外はストレス ストレスの軽減が優先 ◆やめたコト 苦手の克服 協同意識 押しつけ ◆基本方針 自分で決める 信頼する 特性を軽減するのはクスリかシクミ 説明をします。

発達障害/発達障がい_よくある質問#10

一般的に、発達障害がある方は自己肯定感が低い方が多いようにお見受けします。 能力の凸凹からくる失敗経験から得た思い込みだと推察できます。 そんな方々が、『自分ならできる』という自己効力感を持つには、どんな要素やどんな条件が必要だと考えられますか? ◆自己肯定感を高める要素・条件 成功体験の創出: 小さな成功体験から始めて、能力や技術を段階的に向上させることで自己効力感が高まります。成功体験は自信を

bottom of page