凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • 遠藤 一歩

【参考】WAIS-Ⅳとは?

◆WAIS-Ⅳの基本情報

・適用範囲: 16歳0カ月~90歳11カ月 ・受検条件: 公的病院の場合は医師の推薦が必要 ・実施時間: 60分 ~ 90分 ・結果が出るまでの時間: 1週間程度 ・実施機関: 医療機関(精神科)、大学の相談室、民間のカウンセリングルームなど ・実施する人: 日本文化科学社の定める使用者レベルに適合する専門家 ・検査費用: 1350円~2万程度 ・保険適用の可否: 保険適用あり ※診療上必要だと認められた場合の検査は、保険内診療


◆WAIS-Ⅳの特徴

WAIS-Ⅳは、全検査IQのほか、

言語理解指標(VCI)、

知覚推理指標(PRI)、

ワーキングメモリー指標(WMI)、

処理速度指標(PSI)

という4つの指標得点を測ることができます。これによって、知能のより多面的な把握や解釈が可能となります。

下位検査は以下15の要素で構成されています。

◆下位検査

■言語理解指標(VCI)に関わる下位検査 基本検査:類似・単語・知識 補助検査:理解

■知覚推理指標(PRI)に関わる下位検査 基本検査:積木模様・行列推理・パズル 補助検査:バランス(16~69歳のみ)・絵の完成

■ワーキングメモリー指標(WMI)に関わる下位検査 基本検査:数唱・算数 補助検査:語音整列(16~69歳のみ)

■処理速度指標(PSI)に関わる下位検査 基本検査:記号探し・符号 補助検査:絵の抹消(16~69歳のみ)


転載先:リタリコ発達ナビ

https://h-navi.jp/column/article/725

245回の閲覧

最新記事

すべて表示

やりたい仕事と出来る仕事について

皆さん今日は! 新型コロナウイルス禍にあって、雇用や雇止めで仕事を失った人は厚生労働省の発表では、7月8日時点で見込みを含めて、11万13人になったとの事。業種別では製造業が2万人を超えて最も多く、小売り業、飲食業、宿泊業がそれぞれ1万人超となった。この様な中にあって、障害のある方の仕事は増々厳しい滋養協であるが、仕事を選ぶ上で、障害のある方が「やりたい仕事」と「出来る仕事」の区別を明確にして貰う