凸ブログ

​就労移行支援事業所 凸ゼミ福島の凸ブログでは、精神疾患や発達障害に関することや、就労に関すること、時事的なことなど様々な内容のことを扱っています。お楽しみください!!
検索
  • 遠藤 一歩

【参考】WAIS-Ⅳとは?

◆WAIS-Ⅳの基本情報

・適用範囲: 16歳0カ月~90歳11カ月 ・受検条件: 公的病院の場合は医師の推薦が必要 ・実施時間: 60分 ~ 90分 ・結果が出るまでの時間: 1週間程度 ・実施機関: 医療機関(精神科)、大学の相談室、民間のカウンセリングルームなど ・実施する人: 日本文化科学社の定める使用者レベルに適合する専門家 ・検査費用: 1350円~2万程度 ・保険適用の可否: 保険適用あり ※診療上必要だと認められた場合の検査は、保険内診療


◆WAIS-Ⅳの特徴

WAIS-Ⅳは、全検査IQのほか、

言語理解指標(VCI)、

知覚推理指標(PRI)、

ワーキングメモリー指標(WMI)、

処理速度指標(PSI)

という4つの指標得点を測ることができます。これによって、知能のより多面的な把握や解釈が可能となります。

下位検査は以下15の要素で構成されています。

◆下位検査

■言語理解指標(VCI)に関わる下位検査 基本検査:類似・単語・知識 補助検査:理解

■知覚推理指標(PRI)に関わる下位検査 基本検査:積木模様・行列推理・パズル 補助検査:バランス(16~69歳のみ)・絵の完成

■ワーキングメモリー指標(WMI)に関わる下位検査 基本検査:数唱・算数 補助検査:語音整列(16~69歳のみ)

■処理速度指標(PSI)に関わる下位検査 基本検査:記号探し・符号 補助検査:絵の抹消(16~69歳のみ)


転載先:リタリコ発達ナビ

https://h-navi.jp/column/article/725

236回の閲覧

最新記事

すべて表示

コロナ禍でテレワーク実施に地域差

皆さん今日は!今世の中は新型コロナウイルス禍で、テレワーク人口が急激に増加しているようです。テレワークをしている人の割合は都道府県で差があり、トップは東京の45、8% とのことです。全国平均では24、7%で、最も低いのは和歌山県の3、5%で、規模が大きい企業ほど実施しており、以前見た新聞記事によりますと中小企業と最大3、4倍の開きがあったとの事。尚、パーソル総合研究所の調査データによりますと、福島

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
こちらのアイコンをクリックして下さい
Twitter: 凸ゼミ福島公式アカウント。講演や座談会、各種イベントの告知をしています。
YouTube: 利用者さんが中心となり企画から撮影・編集を行いアップしています。
Facebook: イベント等の告知をしています。
Instagram: イベントの告知や事業所内の風景をアップしています。
TEL 024-572-6310

©2019 by 凸. Proudly created with Wix.com